フランス映画祭 2014

2014フランス映画祭ポスターフランス関連の最大のイベント、フランス映画祭6月27日(金)〜30(月)に開催いたします。
日仏文化交流90周年として、アンスティチュ・フランセ(旧日仏学院+フランス大使館文化部)との連動企画も行われます。

例年通り、コメディー、恋愛、サスペンスなどバラエティー豊富なラインナップで、現在半数ぐらいが配給の付いている作品です。横浜時代には、大半が配給の無いもので、この映画祭をきっかけに配給が付くといったショーケース的な意味合いの強い映画祭でしたが、近年は配給の既に付いている物が中心となってきていました。

フランス映画祭の目玉は来日ゲストですが、現在では正式には発表されていません。6月第1週に発表される予定です。

団長はトニー・ガトリフ監督(男)です。1948年フランス人父とロマ人の母のもとアルジェリアで生まれ、60年代にフランスに移住しました。俳優としてキャリアをスタートし、「藍より強い旅」(04)でカンヌ映画祭監督賞を受賞しています。

この映画祭の期間は、有楽町(ルミネ有楽町、阪急メンズ館)や新宿(小田急百貨店)などで企画があるほか、WOWOWやスターチャンネルなどでもフランス映画特集があります。

東京横浜では、アンスティチュ・フランセが女優たちにフランス映画史といタイトルで、古い映画から新しい映画までの上演が行われます。
東京 6/27-29 7/4-6 アンスティチュ・フランセ東京
横浜 7/19 9/20 アンスティチュ・フランセ横浜(東京芸術大学 横浜キャンパス)

東京のみならず日本各地のアンスティチュ・フランセではフランス映画祭の地方開催が決定しています。
福岡 6/27-30 西鉄ホール
大阪 7/2-6 シネ・リーブル梅田
京都 7/3 同志社大学
   7/3-11 京都シネマ

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 中国工場を閉鎖しフランスへ

    ここのところ中国にあった製造工場を閉鎖し、フランスへ戻ってくる企業が出てきている。 中国では人…
  2. ミカエル・アース監督インタビュー

    フランス映画祭2019「アマンダと僕」で来日中のミカエル・アース監督にインタビューを行いました。 …
  3. 日・仏社会保障協定発効

    現在日本からフランスへは、400以上の企業、約30900人が住んでいます。特にフランスなど海外に派遣…
  4. フランスの犬事情

    フランスに行くと犬が多いのに驚くだろう。たまに結構でかい犬が地下鉄に乗っていたりする。あのくらいだと…
  5. フランス製の高級品、輸入品と勝負

    衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial