フランス映画祭 2014

2014フランス映画祭ポスターフランス関連の最大のイベント、フランス映画祭6月27日(金)〜30(月)に開催いたします。
日仏文化交流90周年として、アンスティチュ・フランセ(旧日仏学院+フランス大使館文化部)との連動企画も行われます。

例年通り、コメディー、恋愛、サスペンスなどバラエティー豊富なラインナップで、現在半数ぐらいが配給の付いている作品です。横浜時代には、大半が配給の無いもので、この映画祭をきっかけに配給が付くといったショーケース的な意味合いの強い映画祭でしたが、近年は配給の既に付いている物が中心となってきていました。

フランス映画祭の目玉は来日ゲストですが、現在では正式には発表されていません。6月第1週に発表される予定です。

団長はトニー・ガトリフ監督(男)です。1948年フランス人父とロマ人の母のもとアルジェリアで生まれ、60年代にフランスに移住しました。俳優としてキャリアをスタートし、「藍より強い旅」(04)でカンヌ映画祭監督賞を受賞しています。

この映画祭の期間は、有楽町(ルミネ有楽町、阪急メンズ館)や新宿(小田急百貨店)などで企画があるほか、WOWOWやスターチャンネルなどでもフランス映画特集があります。

東京横浜では、アンスティチュ・フランセが女優たちにフランス映画史といタイトルで、古い映画から新しい映画までの上演が行われます。
東京 6/27-29 7/4-6 アンスティチュ・フランセ東京
横浜 7/19 9/20 アンスティチュ・フランセ横浜(東京芸術大学 横浜キャンパス)

東京のみならず日本各地のアンスティチュ・フランセではフランス映画祭の地方開催が決定しています。
福岡 6/27-30 西鉄ホール
大阪 7/2-6 シネ・リーブル梅田
京都 7/3 同志社大学
   7/3-11 京都シネマ

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 中小企業に比べ税金を払わない大手企業

    フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。 その…
  2. フランスは世界の学力で中位

    OECD加盟国によるPISA(学習到達度調査)の2009年度の結果が発表された。PISAは3年ごとに…
  3. フランスでバカロレアは絶対か?

    日本よりも学歴社会と言われるフランスでフランスの大学入学資格であるバカロレアの合格者が発表され、大学…
  4. フランスの地方分権

    今度の衆議院議員選挙は東国原知事の問題で地方分権選挙のような感じになるところだった。今でも橋下知事が…
  5. フランスの税制

    衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial