フランス映画祭2015オープニング作品『La Famille Bélier(原題)』

本国で4週連続No.1、12週連続TOP10入りを果たし、動員700万人超えの驚異的大ヒットを記録!!

フランスからまた一つ、笑って、泣ける、最高に愛おしい映画がやってくる、、、

La Famille Bélier © 2014 – Jerico – Mars Films – France 2 Cinéma – Quarante 12 Films – Vendôme Production – Nexus Factory – Umedia

La Famille Bélier © 2014 – Jerico – Mars Films – France 2 Cinéma – Quarante 12 Films – Vendôme Production – Nexus Factory – Umedia


フランスの田舎町。農家を営むベリエ家は、高校生の長女ポーラ以外、父もも聴覚障害者。ミスコンで優勝したこともある美しい母親、口(手話)は悪いが、熱血漢の父とゲーム好きの弟。明るく、仲のいい家族だ。

ある日、ポーラの歌声を聴いた音楽教師トマソンは、ポーラにパリの音楽学校のオーディションを受けることを勧める。夢に胸をふくらませるポーラだったが、一家の「通訳」でもあるポーラは、躊躇する。しかしその歌声が彼女の歌声を聴くことができない家族に届く出来事が起こる。

主演のポーラに抜擢されたのは、フランスのオーディションTV番組で注目を集めたルアンヌ・エメラ。その奇跡の歌声で観客を包み込み、本年度セザール賞最優秀新人女優賞を受賞しました。本作は2015年全国公開、ゲストにエリック・ラルティゴ監督、ルアンヌ・エメラ来日予定。

オープニング作品に加え、親友の死をきっかけに残された彼女の夫の秘密を知り、葛藤する若い女性を小気味よい演出で描くフランソワ・オゾンの新作『Une nouvelle amie(原題)』(主演:ロマン・デュリス、アナイス・ドゥムースティエ)、

世界遺産にも登録されているマリ共和国の古都を背景に、音楽を愛する父と娘がイスラム過激派の弾圧に苦しみ、戦う姿を真摯に描いた感動作『Timbuktu(原題)』(監督:アブデラマン・シサコ)も上映決定!

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスの救助隊120人が救助装備と共に日本に到着し、救助にあたりましたが、あまり満足な活動が出来ず…
  2. 日本よりも学歴社会と言われるフランスでフランスの大学入学資格であるバカロレアの合格者が発表され、大学…
  3. フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
  4. 日本でも年金受給年齢が65才に上がったが、ヨーロッパでも受給年齢を上げる案が出てきている。フランスは…
  5. 毎年夏になると400万部も売れるベストセラーの本があります。それはcahier de vacance…
  6. 日本の自殺者数は警視庁の資料によるとここ十年、毎年3万人を超えており増加傾向にある。国際比較では、自…
  7. アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
ページ上部へ戻る