ヴェルサイユ祭

1778年にニナ・ディアズによって作られマリー・アントワネットに献上されたケーキ

ニナセット:1778年にニナ・ディアズによって作られマリー・アントワネットに献上されたケーキ。現在も一族によって同じレシピで受け継がれている。

ヴェルサイユ祭(フェットゥ・ドゥ・ヴェルサイユ)は、ヴェルサイユ宮殿に隣接するル・ポタジェ・ド・ロワ(王の菜園)の収穫を祝い、伝統的な食文化を継承していくお祭りで、日本では今年で2回目を迎えました。

主催は王の菜園で採られた茶葉を使ったマリー・アントワネット・ティーをプロデュースするニナス・パリス。第1回目は三菱美術館内カフェ1894で行われ、第2回目は日仏学院(アンスティチュ・フランセ)で開催されました。

このお祭り、昨年は紅茶を味わうことがメインのイベントでしたが、今年は「ベルサイユのばら」の作者、池田理代子さんと著述家の湯山玲子さんを迎えてのトークショーを聞きながら紅茶を飲めるという非常にユニークなイベントとなりました。

ル・ポタジェ・ド・ロワ(王の菜園)

王の菜園ル・ポタジェ・ド・ロワ

はルイ14世が手がけた農園で400種類以上もの野菜フルーツが栽培されており、17世紀より変わらず、同じ規模、農法を行っている菜園です。栽培されたものは食用にも使われますが、りんごなど原種に近いものが古木として残っていて、種の保存という目的も果たしています。

一般には薄力粉のような味で好まれないルネット・ブラン・オブ・カナダという種類のリンゴがあり、マリーアントワネットティにはこちらの種類も配合し、アロマ香る豊かな風味をプラスしているのだそうで、なかなか紅茶も奥深いです。

さて、池田理代子さんと湯山玲子さんのトークショーは次回の記事でお送りします。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 20年前なら、フランス人のみならずフランス語圏の人間にドイツやドイツ語について聞けば、アレルギーかと…
  2. 324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
  3. 今年あたり、友人がフランス人男性と結婚することになりそうです。彼女がフランス留学時代に知り合い、以来…
  4. ここのところ中国にあった製造工場を閉鎖し、フランスへ戻ってくる企業が出てきている。中国では人…
  5. 現在日本からフランスへは、400以上の企業、約30900人が住んでいます。特にフランスなど海外に派遣…
  6. アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
  7. 市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
ページ上部へ戻る