好調なフランス映画、44年ぶりの快挙

フランス映画が好調です。特にコメディーが好調で、1千230万人が見たQu’est-ce qu’on a fait au Bon Dieu?(神様に何をした?)を筆頭に、5300万人を動員したSuper Condriaque(ダニー・ブーン監督主演)、520万人のLucy(リュックベッソン監督)となっています。フランス映画が1〜3位を独占したのは44年ぶりだそうで、昨年のフランス映画の好調ぶりがうかがえます。

近年では2011年の「最強の二人」のヒットの後、2013年には壊滅的に落ち込みました。「雪だるま現象」といって1つヒット作が出ると、他の作品にも波及し、映画界全体の動員数が増えるといわれています。

フランスはヨーロッパでは最も映画が好きな国民だそうで、イギリスやドイツを遙かに超えるそうです。1ヶ月に1本、2本を見る人はざらで、毎週見ている人もいます。

いよいよカンヌ映画祭も始まりますし、フランス映画祭も来月です。
Qu’est-ce qu’on a fait au Bon Dieu?は今年のフランス映画祭に上演の予定もあるようです。

追記:
Qu’est-ce qu’on a fait au bon Dieu ?は「ヴェルヌイユ家の結婚狂騒曲」という題名でフランス映画祭2015で上演されることになりました。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスの政策失敗例

    日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされ…
  2. セバスチャン・マルニエ監督

    セバスチャン・マルニエ監督インタビュー スクールズ・アウト

    https://youtu.be/-DVY9NpXM8w セバスチャン・マルニエ監督 インタビュ…
  3. 日本とフランスの自殺者数

    日本の自殺者数は警視庁の資料によるとここ十年、毎年3万人を超えており増加傾向にある。国際比較では、自…
  4. シニアの雇用促進

    日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  5. バカンスはエコロジーか?

    7月から8月にかけてフランスはバカンスに入ってしまうため、フランスとのやりとりはほぼ完全にストップし…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial