好調なフランス映画、44年ぶりの快挙

フランス映画が好調です。特にコメディーが好調で、1千230万人が見たQu’est-ce qu’on a fait au Bon Dieu?(神様に何をした?)を筆頭に、5300万人を動員したSuper Condriaque(ダニー・ブーン監督主演)、520万人のLucy(リュックベッソン監督)となっています。フランス映画が1〜3位を独占したのは44年ぶりだそうで、昨年のフランス映画の好調ぶりがうかがえます。

近年では2011年の「最強の二人」のヒットの後、2013年には壊滅的に落ち込みました。「雪だるま現象」といって1つヒット作が出ると、他の作品にも波及し、映画界全体の動員数が増えるといわれています。

フランスはヨーロッパでは最も映画が好きな国民だそうで、イギリスやドイツを遙かに超えるそうです。1ヶ月に1本、2本を見る人はざらで、毎週見ている人もいます。

いよいよカンヌ映画祭も始まりますし、フランス映画祭も来月です。
Qu’est-ce qu’on a fait au Bon Dieu?は今年のフランス映画祭に上演の予定もあるようです。

追記:
Qu’est-ce qu’on a fait au bon Dieu ?は「ヴェルヌイユ家の結婚狂騒曲」という題名でフランス映画祭2015で上演されることになりました。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. Photo: © Philippe Quaisse / UniFranceハッピー・バースデ…
  2. フランスに行くと犬が多いのに驚くだろう。たまに結構でかい犬が地下鉄に乗っていたりする。あのくらいだと…
  3. 女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
  4. 衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
  5. 日本でも赤ちゃんポストの設置が議論をよんだことがあるが、これは出産後母親が育児放棄をしてしまう事で不…
  6. 最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  7. espace sans tabac
    フランス国内の子どもの遊び場を全面禁煙にする行政命令が出ました。 違反した場合は68ユーロの罰金が…
ページ上部へ戻る