ローレンティン・ペリルー、マクラメとその無尽蔵の手動ノウハウ

ローレンティン・ペリルーは、針、かぎ針編み、織りの取引なしで、忍耐と情熱を持って作品を開発し、彼女の手だけが彼女の成果を生み出す結び目を形作ります。彼女はマクラメのテクニックを完璧にマスターしている。ボリュームでもフラットでも、形を生み出すこの結び目の連続。フランスのピレネー山脈の中心にある彼女のワークショップで、Laurentine Périlhouは、この基本的で普遍的な実践に彼女の高貴さを与えたいと考えています。

私は幼い頃からずっと創造してきました。作成は、私が提案するオブジェクトや完成品だけでなく、その配置に応じて、ワイヤー、コイルでワークショップで行うことができます。また、作成、作成プロセスの一部でもあります。それは生き方です。

ローレンティーヌ・ペリルー、マクラメを専門とする職人デザイナー。

「それは私がしていることに私の名前を与える最も簡単な方法でした。それは私だったので、最も明白でした。」

ローレンティーヌ・ペリルーはピレネー山脈で育った。2008年、彼女は南アメリカに旅行した:チリ、ボリビア、ペルー。彼女はテクニックを持って戻ってきます:マクラメ。教えられた基本的なテクニックに基づいて、彼女は自分のテクニックと宇宙を開発します。ローレンティン・ペリルーは、ジュエリーから装飾品、オートクチュールハウスのテキスタイル提案から室内装飾に移行することで、マクラメのノウハウを展開しました。

要素は一つずつ結び、キャンバスに刺繍された - Laurentine Perilhou 要素は一つずつ結び、キャンバスに刺繍された - Laurentine Perilhou © Laurentine Perilhou
要素は一つずつ結び、キャンバスに刺繍された – Laurentine Perilhou
要素は一つずつ結び、キャンバスに刺繍された – Laurentine Perilhou © Laurentine Perilhou

天然素材は、望ましい結果に応じて合成材料で肩をこすります。

「伝えたいストーリーから始めて、描いてから、ボリュームで作業したい要素と、どのタイプのノードで、素材がバックグラウンドで出てくるかを想像します。糸が結ばれるほど柔軟になった瞬間から、原材料に制限はありません。ニーズと希望するレンダリングに応じて、原材料でワイヤー直径を使用し、これらすべての可能性を組み合わせると、利用可能な多数の提案があります。それは本当に無限です。」

オートクチュールの壁 - Laurentine Perilhou © Laurentine Perilhou
オートクチュールの壁 – Laurentine Perilhou © Laurentine Perilhou

ローレンティン・ペリルーによると、マクラメだけでは芸術であり、かけがえのないテキスタイルノウハウです。彼女のワークショップは、彼女が送信するのが好きなほど大きなパネルを提供するフランスで唯一のものです。

「私は独学のトレーニングを受けているので、テキスタイルアートに関連する学校に通っていません。一方、私はこれらの学校から研修生を受け取り、私が学んだこと、今日習得したことを必ず彼らに伝えます。今日のテキスタイルアートの学校で教えられていないノウハウを伝えることができるのはとても美しいと思います。彼は時代遅れやレジャーテクニックに追いやられ、それは残念です。私たちはマクラメに存在していたすべての可能性を失った。」

ローレンティン・ペリルー、マクラメとその無尽蔵の手動ノウハウ – powered by Happy Scribe

RFI 100% クリエーション・セシル・コンパニー

マリア・アフォンソは、針も鉤も織機も使わず、忍耐と情熱をもって創作に取り組む時期を迎えます。彼女の手だけが、彼女の作品を生み出す結び目を形作っているのです。彼女は、フランスのピレネー山脈の中心にある工房で、マクラメの技法を完璧にマスターしています。この結び目の連続が、ボリュームであれ、平面であれ、形を生み出すのです。彼女は、マクラメを1970年代のイメージから切り離すために、その技法に取り組んでいるのです。ローラン・ピリョーは、この基本的かつ普遍的な実践に、高貴な文字を与えたいと考えています。

私は、小さい頃からずっと創作活動をしてきました。今では自問自答することもないほど、染み付いているのだと思います。でも、自分が選んだこの職業として、実は当たり前、当たり前のことなんです。クリエーションは、私が提案するオブジェや完成品だけでなく、糸やスプールの置き方次第で、ワークショップの中だけでも可能なのです。ただ、それも私にとっては、創造の一部であり、創造のプロセスなのです。まさに生き様です。

ローラン、マクラメを得意とする危険なデザイン職人。

自分のやっていることに名前をつけるのは、一番簡単なことだったんです。それが一番わかりやすかった。でも、そこも自分ということにつながっているから。

ローレンシャン2008年、ピレネー山脈で育ったリューさん。彼女は南米チリ、ボリビア、ペルーの旅に出た。彼女はマクラメという技法で帰ってきた。教わった基本的な技法から、独自の技法、独自の世界を展開する。ローレンティッド・ペルーは、マクラメの知識をジュエリーから装飾品、オートクチュールメゾンのテキスタイル提案、インテリア装飾に至るまで展開しています。天然素材と合成素材を使い分ける。

まずドローイング、伝えたいストーリーがあり、ドローイングをします。そして、どの要素をボリュームアップさせたいか、どの要素をこのようなポイントを使って、ある方法で加工すると本当にストーリーを伝えることができるかを想像します。素材は結局のところ、二の次になるものです。糸は結べるほどしなやかなものであれば、どんな糸でも大丈夫です。原材料に制限はありません。天然素材と合成素材の両方を扱うことができます。ですから、天然素材であればリネン、コットン、シルクなどでもいいのですが、そうでない場合もあります。本来はポリエステルに塗装を施したものですが、さまざまな形があります。そのため、光沢のあるもの、ないもの、そして直径もさまざまな種類があります。極細の糸から極太のコードまで手がけることができます。そのため、ニーズや求める仕上がりのアイデアに応じて、このような原材料で、このような線径のものを使用することになります。

そして、これらの可能性をすべて組み合わせれば、数多くの提案が可能になるのです。だから、本当に無限大なんです。

マクラメはそれ自体がアートであり、かけがえのないテキスタイルの知識なのです。ローランタン・ペリユーさんによると、これだけ幅広い製品を好んで発信しているのは、フランスでは彼女の工房だけだという。

私はテキスタイルアート関連の学校には行っていません。なぜなら、私のトレーニングはこれらの学校よりも独学に近いからです。そうしたかったのですが、当時は知らなかっただけです。そして、これらの学校から研修生を受け入れ、私が学んだこと、今日習得したことを彼らに伝えようと、本当に努力しています。インターンシップの期間は、3週間から3カ月までとさまざまです。本当に楽しいです。今のテキスタイルアートの学校では教えてくれない、このノウハウを伝授できるのは素晴らしいことだと思います。父は本当にすべての可能性を持っていたので、残念なことですが、私は時代遅れの、または趣味の技術に本当にリレーされていると思います。この技術によって、私たちはあらゆる可能性を失ってしまったのです。

ローランタン・プリウのワークショップの世界を、rfi fr、Chroniques 100 % créations、ポッドキャストでご覧ください。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/100-création/20221218-laurentine-périlhou-le-macramé-et-son-savoir-faire-manuel-inépuisable

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 949
Enable Notifications OK No thanks