年金改革は上級従業員の支援を無視する

世論調査によると、フランス人の大半は、それほど長く働いているとは見ていないので、退職年齢を62歳から64歳に延期することを大量に拒否しています。しかし、この改革の目的は、高齢者の活動を増やすことです。

退職権を主張することになると、フランス人の2人に1人はすでに仕事がありません。60歳から64歳の従業員の雇用率はフランスで35%で、ヨーロッパで最も低いものの1つです。この年齢層では、イギリス人の55%、ドイツ人の60%、スウェーデン人の70%がまだ活動しています。退職年齢を上げることで、政府はこの率が2030年までに機械的に41%に上昇することを保証する。

保証された結果?

はい、しかし、すべての従業員向けではありません。経験は、60歳の活動は、むしろ男性のプロフィールに対応する資格のある安定した仕事を持つ人々の間でより進んでいることを示しています。一方、退職年齢の延期は、不安定なパートタイム、そしてもちろん失業者の運命にあまり変わりません。彼らは皆、仕事を得るのに苦労しています。

フランスでは、高齢者は雇用時に体系的に差別されています。企業は、生産性が低く、雇うには高すぎると考え続けています。しかし、この改革は、企業がスタッフを募集したり維持したりすることを奨励しませんでした。彼らは常に社会計画が発生した場合に最初に出発します。多くの場合、寛大なボーナスで、彼らは仕事に戻ることなく退職年齢に達することができます。

高齢者雇用指数の必須公表

回避した企業は多額の罰金を科せられます。インデックスは状況を改善するための情報を提供しますが、基本的な問題は解決しません:高齢者をアクティブに保つ方法高齢者の参加率が印象的なスウェーデンなどの国は、この年齢層の雇用を促進するための完全なシステムを導入しています。スカンジナビアの隣人の間では、それほど難しくないポジションでの再訓練を容易にするために、年齢とともに継続的なトレーニングが増加します。

企業は、最も古いポジションを開発し、パートタイムの引っ越しを希望する人に好意的に対応する必要があります。最後に、最初に会社に到着したのは、社会計画が発生した場合に最後に解雇されます。

高齢者への支援なし

政府は、シニアインデックスを介して収集された情報に基づいて、ソーシャルパートナーとのその後の交渉に依存しています。この改革は、早期に働き始めた人々の早期出発の苦難と手配を考慮していますが、上級従業員への支援はありません。フランス人を安心させるには十分ではない。彼らはより長く働かなければならないが、同じ条件下で働かなければならない。この視点は、おそらく改革の不人気に貢献している。

退職年齢の延期と拠出期間の延長は、会計上の理由から考慮され、年金制度のバランスを確保し、60歳以上の人々の活動を増やすことによって公共収入を膨らませることを超えて、職場での高齢化の問題を無視しました。しかし、この人口統計学的現象は避けられない。年金制度の持続可能性を確保するために改革が必要ですが、慣行と、なぜ仕事を支配する社会的ルールに統合されなければなりません。

年金改革は上級従業員の支援を無視する – powered by Happy Scribe

ドミニクさん、こんにちは。フランスでは年金改革が話題になっています。労働組合は来週の木曜日にストライキとデモを呼びかけており、世論調査によれば、フランス国民の大多数がこの改革に大反対しています。定年退職年齢を62歳から64歳に延期したこと。なぜ?なぜなら、彼らは自分がそんなに長く働くとは思っていないからです。シニアの活躍の場を増やすことが、この改革の目的です。

そうですね、フランスでは高齢者の定年後の活動量が非常に少ないですから。フランス人の2人に1人はすでに職を失っているのです。フランスでは60歳から64歳の従業員の就業率は35%です。イギリス人の55%、ドイツ人の60%、スウェーデン人の70%がまだ働いている。定年を引き上げることで政府は、この比率は2030年までに自動的に41%まで上昇すると断言しています。

これは保証された結果なのでしょうか?

ですから、もちろん経済状況にもよります。政府は失業率4.5%を基準にしていますが、これはまったく確実ではありませんから。しかし、経済状況がどうであれ、この活動率が機械的に上がるのでなければ、すべての社員がそうなるわけではありません。経験上、60代は安定した技能職に就いている人の方が活動率が高く、男性に多い傾向があります。一方、定年を延期しても、不安定な人々やパートタイム、もちろん失業中の人々の運命はあまり変わらない。このような人たちはみな、仕事を見つけるのに苦労しているのです。フランスでは、高齢者は雇用において組織的に差別されています。企業はまだ、生産性が低く、コストがかかりすぎると考えている。しかし、この改革は、これらの企業にとって、彼らを採用し、雇用を維持するインセンティブをあまり与えていない。また、ボーナスが多いため、定年まで仕事をせずに待っていることも多い。

ドミニク 改革により、高年齢者雇用の指標の公表が義務づけられました。これで状況を変えられるのか?

そのため、企業がこの指標を公表しない場合、重い罰金を科すことが唯一の脅威となっています。状況を改善するための情報は提供されますが、高齢者をいかにして働かせるかという根本的な問題を解決するものではありません。スウェーデンのような国は、活動率が印象的で、私はあなたに70%を思い出させる。さて、この国は、この年齢層の雇用を促進するために、万全の体制を整えています。年齢が上がるにつれて、より負担の少ない仕事への再教育を促進するために、継続的なトレーニングが増加します。企業は高齢者の仕事に適応し、パートタイム勤務を希望する人に好意的に対応することが求められています。最後に、最初に入社した人が、余剰人員整理をする場合、最後の一人になる。

先週発表された改革案では、同様の措置は提案されていない。

はい、政府は高齢者指標を通じて集めた情報をもとに、ソーシャルパートナーとのさらなる交渉に期待しています。改革は、困難な状況を考慮するものです。早くから働き始めた人には早期退職の制度があります。しかし、シニア社員へのサポートはない。これでは、フランスを安心させることはできない。同じ条件下で、より長く働かなければならないのです。このことが、この改革を不人気なものにしているのは間違いない。定年退職の延期と拠出期間の延長は、会計上の理由から想定されたものです。年金制度のバランスを確保するため、そしてその先には、職場の高齢化問題を完全に無視して、60歳以上の活動を活発化させることで税収を膨らませるためです。しかし、この人口現象は避けて通れない。それは、年金制度の持続可能性を確保するために改革を必要とするものですが、同時に、仕事を支配する慣習や、なぜか社会的なルールにも統合されなければなりません。

ドミニク・バイヤールさん、ありがとうございました。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/aujourd-hui-l-%C3%A9conomie/20230116-france-la-r%C3%A9forme-des-retraites-fait-l-impasse-sur-l-accompagnement-des-salari%C3%A9s-seniors

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 950
Enable Notifications OK No thanks