中国は世界支配への渇きを癒すのを待つだろう

中国は、指導者が望んでいたように、10年の終わりまで世界の大国にはなりません。新型コロナウイルスやその他の経済的負担は、その野心の達成を妨げている。

中王国はすでにポスターの一番上にあった。英国研究機関CEBR(経済ビジネス研究センター)によると、GDPの面では、世界第2位の経済大国は早くも2028年に米国を上回ることでした。しかし、12月末に発表された年次報告書では、研究所はこの表彰台をアバットにもたらします。中国の成長曲線は、早くても2036年以前には米国の成長曲線を越えません。日本経済研究センターも、早ければ12月中旬に予測を下方修正した。中国の星は、すべての国際比較で高速で衰退している。これは2022年の偉大な教えです。

新型コロナウイルスは機械を押収しましたか?

公式の数字によると、有名で活発な中国の成長が止まったのは、コロナウイルスの出現によってだった。2020年はわずか2.5%で、年間目標の5%の半分です。しかし、2021年、そのリバウンドは壮観です:8%以上。習近平はそれを彼の「ゼロ・コロナ」戦略の奉献として見たいと思っている。この強制的な孤立、この国の完全な閉鎖は、実際には、健康の行き詰まり、民主的な否定、経済的荒廃であることが証明され、2022年の大部分は企業の麻痺です。制限の突然の解除は人口を安心させましたが、まだ経済をサドルに戻していません。労働力は、何よりもアカウントの時間であるため、大規模な産業センターに流れません。企業や企業は、スタッフや顧客の不足のためにドアの下にそれらをロックしなければならなかった。国際通貨基金のクリスタリナ・ジョージヴィア局長は、今年2022年、中国の成長はせいぜい40年ぶりに世界平均と同等、あるいは下回る、中国にとって本当のカモフラージュになると指摘している。そして、2023年はあまりうまくいかないだろう。

他の要因がパンデミックによって始まった減少に寄与しているからです

まだ生存のために戦っている開発者エバーグランデの崩壊を受けて、他の不動産大手も破産を避けるのに苦労しています。建設を伴う中国のGDPの4分の1を占めるこのセクターは、まだ邪魔にならない。住宅販売総額は昨年25%減少した。中国の成長のもう一つのエンジンである貿易も、ここ数ヶ月で失敗を経験しており、世界的な景気後退の見通しは間違いなく外部需要を落胆させるだろう。長い間、世界貿易の開放から大きな恩恵を受けてきた中国は、現在、それに対する保護主義と移転の波に直面している。「ゼロCovid」政策によってブロックされたAppleとそのFoxconn工場の挫折によって燃やされた多国籍企業は、現在、競争力のある他の国を好んでいる。中国の回復と成長のモードに重くのしかかる大きな傾向。

内部的には、中国の経済成長は人口統計学に負担がかかりている

人口は減少し、高齢化しています。将来の成長を促進するのに十分ではありません。同胞の約束された発展を確保し、米国との競争に勝つために、習近平は成長モデルを変える必要があります。しかし、現時点では、セキュリティ問題を優先しています。このオフィスを成就した経済的成功が回避されているため、彼らはその力を強化するための新しい正当性の源になりつつあります。

[ja] Aujourd_hui_l_eco_030123.mp3 – powered by Happy Scribe

そして、RFIの朝。そして今日は、ドミニク・バイヤードを迎えての経済です。ドミニクさん、こんにちは。

Arnaudさん、こんにちは。

中国が10年以内に世界をリードする大国になることはないだろう。それが指導者たちの願いでもあった。この目標を達成するためには、コビドをはじめとする経済的負担が立ちはだかります。

そう、中王国はすでに国内総生産でトップに立っていることを見抜いていた。英国研究所の発表によると、早ければ2028年に世界第2位の経済大国である米国を追い抜くとのことであった。とても良い。しかし、12月末に発行される年次報告書では、この演壇を先送りしている。中国の成長曲線が米国のそれを越えるのは、2036年である。日本経済研究センターも12月中旬に予測を下方修正した。 中国のスターは、あらゆる国際ランキングで急速に衰えている。これが2022年の大きな教訓です。

Covidとは?機械を押収したのはコビドですか?

そのため、コロナウイルスの発生により、公式発表によれば、中国の有名な旺盛な成長は止まってしまったのである。2020年には2.5%にとどまり、年間目標である5%の半分となっています。それはコヴィッドがブレイクする年ですが、2021年です。その反動は中国で8%以上と目を見張るものがあります。もしジム・ビングが、これを彼のゼロ・コビッド戦略の聖別と見なしたいと思っているのなら。この強制的な隔離、国の全面的な閉鎖は、実際、健康上の行き詰まり、民主主義の否定、企業の麻痺による経済的荒廃をもたらすことが証明されるだろう。2022年の大半は、突然の規制解除によって年末の国民生活に安堵感がもたらされましたが、経済を再び軌道に乗せるまでには至っていません。主要な産業中心地では、労働力が影響を及ぼしていない。主に清算の時期です。今、会社や事業が人手不足や顧客不足で潰れている。IMFのクリスタリナ・ゲオルギエヴァ代表は、今年2022年の中国の成長率は、せいぜい世界平均と同等か、40年ぶりに下回る程度だと指摘しています。

中国にとっては、まさにドタバタ劇。これでは、2023年になってもなかなか良くなりませんね。

しかし、パンデミックによって始まった衰退の要因は、実のところ他にもあるのです。

そのため、デベロッパーのエバー・グラント・ツーが破綻し、現在も生き残りをかけて戦っているのに続き、他の不動産大手も破綻を回避するために必死になっているのである。建設業と並んで中国のGDPの4分の1を占める同分野は、まだマンネリ化から脱却できていない。昨年、住宅販売総額は25%減少しました。中国のもう一つの成長エンジンである貿易もここ数ヶ月低迷しており、世界的な景気後退が予想されることから、外需が抑制される可能性があります。長い間、世界貿易の開放から大きな恩恵を受けてきた中国は、今、それに対する保護主義や移転の波にさらされている。アップルの挫折に落胆、サプライヤーFoxconnの工場、ゼロコビド政策に阻まれる。多国籍企業は現在、同じように競争力のある国、しかし中国以外の国を好んでいます。これは、中国の回復と成長を左右する大きな流れです。

内部的には、中国の経済成長は人口動態に制約されている。

中国の人口は減少し、高齢化が進んでいます。そうでもないんです。それが将来の成長を後押しし、同胞の約束された発展を確かなものにするのです。そして、この米国との競争に勝つために、金平は成長モデルを変えなければならない。しかし、当面は安全保障の問題を優先させる。これまでの経済的成功が失われつつある中で、彼の権力を強化するための新たな正統性の源泉となりつつあるのだ。

ドミニク・ベイヤールさん、ありがとうございました。


https://www.rfi.fr/fr/podcasts/aujourd-hui-l-%C3%A9conomie/20230103-la-chine-attendra-pour-%C3%A9pancher-sa-soif-de-domination-mondiale

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 949
Enable Notifications OK No thanks