マルセイユのラッパー、Sopranoがコモロの子どもたちの教育に貢献

Sopranoは、フランスで最も売れているラッパーの一人であり、20代以下の若者に人気のあるパーソナリティの一人です。ソプラノ歌手、ニューアルバム「Chasseur d’étoiles」を発表。しかし、マルセイユ出身の歌手である彼は、コモロ出身で、インド洋の群島の人口にコミットしている人物でもある。

歌手であり実業家でもあるソプラノは、国連児童基金(ユニセフ)のアンバサダーでもあり、自身の基金を通じて、2年前のサイクロンで壊滅的な被害を受けたコモロの4つの学校の再建に乗り出しました。

「私はただ、コモロを愛し、コモロの子供であり、両親の国、この素晴らしい国、この素晴らしい人々をできる限り助けたいと思っている世界の一市民です」とソプラノは言う。42歳のソプラノさんにとって、教育は夢を実現するための手段です。歌手はコモロから帰国したばかりで、修復された学校の一つに就任しました。「子供たちはとても喜んでいました。この学校のおかげで、彼らがしっかりと働き、学ぶことができるようになることを願っています。それは素晴らしいことです。あきらめてしまった人、夢を信じられなくなってしまった人がたくさんいます。星に到達することは不可能なのではないかと考えている。しかし、私たちはそれらに到達することができ、将来的にも素晴らしいものを作るための力を得ることができます。コモロでは、ユニセフとソプラノ財団の取り組みにより、1,300人以上の子どもたちが恩恵を受けることが期待されています。

このアルバム『Chasseur d’étoiles』を携えたスタジアムツアーが2022年に予定されており、今後数ヶ月はラッパーにとって忙しい日々が続くことになります。軽快さばかりではないアルバム。ソプラノは『Racine』で初めて人種差別というテーマに取り組み、『Roi Lion』はコモロでコビド-19で亡くなった父へのトリビュート作品です。それ以来、ソプラノは反ワクチンの演説に耐えられなくなった。

RFI https://www.rfi.fr/fr/culture/20210907-le-rappeur-marseillais-soprano-s-engage-pour-l-éducation-des-enfants-aux-comores

シェアしよう!