「フードフランス」は、2003年にアラン・デュカスの発案により企画されたもの。地方で活躍する若き才能在るシェフを応援、伝統と風土を基本としたフランス料理をアピールしようとパリで開催されました。

2006年までに参加したシェフは43人。参加したシェフの多くがその後ミシュランの星を獲得したり、新店舗をオープンしたり活躍しており、フードフランスのポテンシャルの高さを証明しています。

日本では2006年よりスタート。今年で開催4年目という、フランス文化を紹介するイベントとして定着しつつあります。今年は6月18日より東京「ブノワ」、6月19日より大阪「ル・コントワール・ド・ブノワ」で開催予定です。

これまでに延べ12000人以上の美食家からプロの料理関係者にいたるまで多くの人が楽しんでいるイベントです。今年も多くの人たちを魅了するイベントとなりそうです。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 便利なパリ、グランパリ計画

    フランスでは先日サルコジ大統領によって、パリを改造する都市計画「グランパリ」が発表された。 空港と…
  2. フランスの税制

    衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
  3. フランスの救助部隊満足に活動できず

    フランスの救助隊120人が救助装備と共に日本に到着し、救助にあたりましたが、あまり満足な活動が出来ず…
  4. ミカエル・アース監督インタビュー

    フランス映画祭2019「アマンダと僕」で来日中のミカエル・アース監督にインタビューを行いました。 …
  5. 産休延長へ

    フランスの年金改革のデモの話が大きくて隠れているが、ヨーロッパ議会は産休を延長する法案を採択した。E…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial