「フードフランス」は、2003年にアラン・デュカスの発案により企画されたもの。地方で活躍する若き才能在るシェフを応援、伝統と風土を基本としたフランス料理をアピールしようとパリで開催されました。

2006年までに参加したシェフは43人。参加したシェフの多くがその後ミシュランの星を獲得したり、新店舗をオープンしたり活躍しており、フードフランスのポテンシャルの高さを証明しています。

日本では2006年よりスタート。今年で開催4年目という、フランス文化を紹介するイベントとして定着しつつあります。今年は6月18日より東京「ブノワ」、6月19日より大阪「ル・コントワール・ド・ブノワ」で開催予定です。

これまでに延べ12000人以上の美食家からプロの料理関係者にいたるまで多くの人が楽しんでいるイベントです。今年も多くの人たちを魅了するイベントとなりそうです。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
  2. フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  3. フランスに行くと犬が多いのに驚くだろう。たまに結構でかい犬が地下鉄に乗っていたりする。あのくらいだと…
  4. OECD加盟国によるPISA(学習到達度調査)の2009年度の結果が発表された。PISAは3年ごとに…
  5. ここのところ中国にあった製造工場を閉鎖し、フランスへ戻ってくる企業が出てきている。中国では人…
  6. 最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  7. ヨーロッパでは新型コロナウイルス感染対策における移動制限など封鎖解除に向けて動き始めました。これは…
ページ上部へ戻る