30年の雪辱はらせずボルドー ナパヴァレーワインに完敗!

「カリフォルニアVSフランス」のワイン対決は30年を経て、再びカリフォルニアに軍配が上がった。
1976年のパリ・テイスティング(ジャッジメント・オブ・パリ)の30周年記念テイスティングが、24日、ロンドンとカリフォルニアで行われ、30年前と同じく、カリフォルニアワインがトップ5を占めた。ボルドーが登場したのがやっとの6位。ワインの新世界とされたカリフォルニアが圧倒的勝利を収めたことになる。参加したフランス人審査員の一人も軍配をカリフォルニアワインにあげたとか。フランス人お墨付きのナパヴァレーとなったとも言えよう。
トップはリッジの「カベルネ・ソーヴィニヨンモンベロ1971」。評論家のスティーヴン・スパリェ氏は「カリフォルニアがボルドーと同様に熟成するのは驚き」とコメントした。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. アペリティフ in 東京、代官山で開催

    今年は日仏交流160周年を迎え、フランス関係イベントもいろいろ開催されています。その中でも15年前か…
  2. 江戸時代にフランス語を習ったらどうなるか?

    フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  3. 次世代原子炉はコンコルド(超音速旅客機)となってしまうのか?

    次世代原子炉が元凶 フランス原子力最大手のアレバが経営難に陥っています。 全世界の従業員の1…
  4. ヴァカンスの学習帳(夏休みの練習帳)

    毎年夏になると400万部も売れるベストセラーの本があります。それはcahier de vacance…
  5. フランスも源泉徴収が開始される

    フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial