Champagne !

快楽のワイン、祝祭のワインであるシャンパンは、贅沢とフランスのノウハウを象徴しています。しかし、市場の気まぐれに左右される商品でもあります。今年は3億1,700万本が世界の隅々まで出荷され、輸出による18億ユーロを含む40億ユーロの売上を記録しました。というわけで、2010年は大団円で幕を閉じました しかし、その危機も去った。シャンパーニュでは、7~8年に一度、危機が起こります。1929年には、ワイン生産者が空腹になることさえあった。毎回、「パニックになるな!」というメッセージは同じだ。この経済危機を、セクターのさまざまな関係者はどう過ごしたのだろうか。

 

シャンパーニュは、世界で生産されるスパークリングワインの10%にも満たず、競争は厳しい。シャンパーニュの生産者は、世界中の他の多くの生産者と同様に、BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)に賭けています。

シャンパン市場向け新型エルドラド

20年後には、中国人が自分たちでシャンパンを作り始めるでしょう。これは、ベストを売らない理由にはならない。BRICsになりつつある南アフリカは、伝統的な製法でスパークリングワインを生産していますが、非常に良い市場だと思います。
フランス領のレユニオン島は、この地理的条件において、現在、主要な市場となっています。大陸では、ナイジェリアがトップで、モロッコ、ガボン、アンゴラ、トーゴ、カメルーン、さらにモーリシャスやセイシェル(観光地として人気の高い国)が続いています。東欧はアジアと同様、これからが本番の市場です。

特定のバランス

シャンパーニュの経済は、その分野のさまざまなプレーヤー間の非常に特殊なバランスによって成り立っています。畑の10%がワイン商のもので、残りの90%はワイン生産者のものです。一方、3本のうち2本はビッグメゾンが販売している。どうすれば、誰もが参加できるようになるのか。ここでは、このことを理解するための手順を説明します。
ネゴシアンは、ワイン生産者からブドウを買い、ワインを造る人ですが、自分の畑を持つこともできます。ワイン生産者は、ブドウの木を育て、この貴重な農業原料であるシャンパーニュのブドウをネゴシアンに売るが、ワインの生産者となってボトルを販売することもできるのだ。これらの活動の積み重ねが、シャンパン・エコノミーの強さなのです。そして危機の最中、大手メゾン、ブドウを生産するブドウ栽培者、収穫・荷役業者など、すべての関係者が集まる「シャンパーニュ生産者共同体」は、迅速に対応しなければならなかったのです。特に、市場に余る可能性のあるボトルを吸収するため、あるいは価格引き下げの誘惑に負けたオペレーターがいたためである。しかし、すべてではありません。

危機の終わり

シャンパーニュ地方は、売上高ではトップのワイン産地であるが、そのブドウ畑(34,000 ha)は、フランスのブドウ栽培面積のわずか4%に過ぎない。フランス市場は引き続き支配的であり(60%以上)、次いで欧州連合(22%増)となっています。危機の影響を大きく受けた第三国は33%増。イギリス、アメリカ、ドイツ、日本、ベルギー、イタリア、スイス、オーストラリアは、世界のシャンパンの主要な市場です。しかし、出荷の85%はまだランスとエペルネから半径1500km以内で行われています…シャンパーニュは輸出されなければなりません。そして、生産者の野望は、フランス国内での販売50%、輸出50%というバランスを取ることだ。
シャンパーニュの人々が言うように、「小さな市場はない。ニッチがあって、それを獲得しなければならない」のです。危機は災いではなく、チャンスなのだ!

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 886
Enable Notifications OK No thanks