フランス議会、怒りの討論の末、歳出力予算変更に合意

 

フランス議会、怒りの討論の末、歳出力予算変更に合意20220727フランスニュース

4日間にわたる激しい言葉の衝突の後、フランス国民議会は水曜日の朝、歳出力強化を目的とした措置の財源に必要な予算調整をようやく可決しました。

2022年予算の調整は、293人の代議員が支持、146人が拒否、17人が棄権しました。
右派の共和党国会議員団は政府を支持しました。しかし、極右の国民集会の議員は投票をボイコットしまして、退職者年金を5億ユーロ増額する要求が否決されたことに抗議しまして、一斉に国会を退席しました。

この支出力に関する2回目の議論は、先週の金曜日にフランス議会がインフレに直面している裕福でない人々を助けるために200億ユーロの緊急追加資金を割り当てることに合意したことに続くものであります。

合計で440億ユーロの予算調整が国会で合意され、そのうちの97億ユーロは、国営電力会社EDFの残りの民営株式を政府が買い取るために使われることになりました。

残りの資金はエネルギー価格の上限をサポートするために使用されます。自動車燃料の1リットル当たり30セントの補助金は、10月末まで延長されました。公務員の賃上げもあります。

メールマガジン購読

そして、テレビの受信料が廃止され、2300万世帯が支払っている138ユーロは他の財源で賄わなければならなくなりました。

主要産業グループの「過剰」利益に課税しますという左派の提案は、僅差で拒否されました。

政敵への現金譲歩

ル・モンド紙によると、政府は「爆発的」と評されました議会の後、「困難ながらも」その対策を通過させたといいます。
大統領派とその同盟者は、「建設的な反対派」として自らを位置づけようとする共和党右派の54名の議員の支持を得て利益を得ました。しかし、この支持には代償があります。

ルモンド紙の計算によると、火曜日の夜に可決されました法案には、反対派の提案に資金を提供するために少なくとも3億5000万ユーロが含まれています。

政治的コストの見積もりはより困難です。
左派の批評家数名によれば、議会の様相は今や明らかだといいます。いわゆる中道政権は、右派主流派とその場しのぎの同盟を結んでいるのです。

社会党のクリスティーヌ・ピレス・ボーヌ議員は、「今や左派が保守派やリベラル派に対抗しています」と言いまして、典型的な議会の構図です。
「これは恥ずべきことです。恥を知れ!」共産党のアンドレ・シャセーニュ議員は、年金の増額を拒否した財務大臣に対峙して叫んです。

極左団体「France Unbowed」のEric Coquerelは、「こんなことでは5年ももたないでしょう」と大統領派に警告しました。
「もはや絶対多数ではないのですから」「しかし、我々はまだ多数派です」とブリュノ・ル・メールが念を押しますと、野党のブーイングと政府席からの拍手が沸き起こりました。
この多数派の有効性は、主要な投票のたびに、おそらくは譲歩しながら、再確認されなければならないでしょう。

議会の心理劇の夜

右翼のLe Figaroは、フランス議会の「心理劇の夜」について、財務大臣が「民主主義は無秩序ではない」ことを議会に思い出させなければならなかったこと、そして火曜日のセッションが秩序を取り戻すために何度か中断されたことを記しています。

ブルーノ・ル・マリーBruno Le Maire は、政府の同僚に、「ポピュリストの暴言に抵抗し、将来の負債の山を国に残すことで資金を調達します、無料または簡単なお金の要求を拒否します」ように呼びかける場面もありました。

最後に、経済紙レゼコー(Les Echos)のアナリストによると、政府はその施策の大部分を通しました。希望以上の金額を支払いましたが、政治的なレッドラインを守ることができました。

いつまでそれを続けられるかは、まだわかりません。
予算修正案は今後、フランス上院に提出される予定です。

https://www.rfi.fr/en/france/20220727-after-angry-debate-french-parliament-agrees-spending-power-budget-changes

Default image
Antenne France
Articles: 710