激しい雹の嵐がエスペレットの赤唐辛子の作物全体を壊滅させる

火曜日、フランスのバスクの町エスペレットのコショウ生産者は、壊滅的な雹の嵐で全作物を失った。市長は、この地域を自然災害地帯と宣言するよう州に求めた。

「それは本当に黙示録だった」とジャン=マリー・イプチャ市長はFranceInfoラジオに語った。「すべてが白でした。」

午後に襲った激しい嵐は、エスプレレット、カンボ、アルボンヌ、イトクサッソウ、ウスタリッツ、ハスパレン – ピレネーアトランティックの南西部の美しい町に最大7センチの雹を投げました。

広範囲にわたる被害

学校、駐車場、店は洪水で被害を受けました – エスペレットチリの畑、この地域が有名な様々な穏やかにスパイシーな赤いトウガラシの畑もそうでした。

約2,000人が住む「チリの首都」エスペレットは、最も大きな打撃を受けた。ここでは、嵐が約20分間猛威を振るい、雹が30センチの高さまで積み上げられました。

Iputchaは、コショウ農家は完全に無力になったと言いました:「彼らはすべての作物を失いました。100パーセント。何も残っていません。

「私たちは明らかに、エスペレットペッパー生産者が保険から補償を受けることができるように、この地域を自然災害と宣言するよう州に依頼するつもりです。」

市長は、約200の生産者が10の自治体に広がっていることを考えると、今年はまだ赤唐辛子の収穫があるだろうと付け加えた。

https://www.rfi.fr/en/france/20230621-violent-hailstorm-decimates-entire-espelette-red-pepper-crop

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1530
Enable Notifications OK No thanks