魚はセーヌ川で入浴する

2024年のパリオリンピックから1年後の「それはあなたの自然の中にある」スペシャルオリンピック:水泳イベントは、多くの水生種の帰還を可能にした汚染除去の努力のおかげで、パリを流れる川で開催されます。

「工場から水が出てきて、きれいな水です!セーヌ川のほとりでは、パリ近郊のコロンブ廃水処理場によって排出される泡立つ水は、銀行のすぐ上に位置し、合計900万人の住民の廃水を処理するSyndicat interdépartemental pour l’assainissement de l’agglomération parisienne(SIAAP)によって管理されています。

セーヌ川のほとりでは、コロンブのSIAAP処理場から排出される「きれいな」水。 セーヌ川のほとりでは、コロンブのSIAAP処理場から排出される「きれいな」水。© Florent Guignard / RFI
セーヌ川のほとりでは、コロンブのSIAAP処理場から排出される「きれいな」水。© Florent Guignard / RFI

オリンピックで2つの水泳イベントを開催できるように、セーヌ川水はますますきれいになっています。2025年には、パリ市庁舎が今月発表したように、すべての人のための水泳が許可されます。しかし、魚はすでにセーヌ川で泳いでいます!「ほら、小さな魚がいます!「SIAAPのイノベーションディレクター、サブリナ・ゲランは叫ぶ。セーヌ川の表面には、何十匹もの小さな稚魚が群がっています。

50年間で10倍の種

魚はパリを流れる川からほとんど消えてしまい、ますます増えています。「今日、セーヌ川には36の異なる種がありますが、1970年代には3種しかありませんでした」とサブリナ・ゲランは言います。魚の存在は、セーヌ川の水の質を向上させる優れた指標です。さらに、水質の面で非常に厳しい魚の種ができ始めており、非常に酸素化された水域でのみ進化し、有機物が少なく、これらの魚、私たちはそれらを見ます!」

陸生動物のように、魚は酸素を必要とします。そしてその日、SIAAP工場に設置された大画面「管制塔」では、セーヌ川沿いに配置された複数のセンサーによって測定された水の酸素レベルは1リットルあたり8ミリグラムを超えていました。「私たちは20年前に5mg/lでした」とサブリナ・ゲランは言います。下水道が溢れるのを防ぐために雷雨が発生した場合のセーヌ川への雨水の排出は、10で割られ、酸素を消費するバクテリアの量が減少しました。SIIAPはまた、魚を保存するための酸素タンクを備えたサバイバルアイランドを作成しました。

タップの魚

セーヌ川には、ゴキブリ、スタッド、パーチ、パイク、ナマズがあります…ウナギなどの移動種、さらにはいくつかのサーモンが戻ってきました – たとえ川が1世紀前の今日の2倍の種を持っていたとしても。私たちは科学的なフォローアップからこれを知っています。特に、セーヌ川から採取された水中の魚のDNA断片を検索することによって。そして、これらの魚は、今から、タップされています…これは、SIAAPとフランスの飲料水流通の巨人であるスエズが設立されたばかりのSein’Acoustiqueプログラムです。

「ハイドロフォン、水に入れるマイクのおかげで、セーヌ川に耳を傾けます」とSIAAPのイノベーションディレクターは続けます。魚は音を発します:顎を叩くか、アンプとして、水泳膀胱を使用して、表面に上昇したり、水の底に戻ることを可能にするこのポケット。「鯉のようにミュート」という表現が水に落ちる」とサブリナ・ゲランは微笑む。したがって、Sein’Acoustiqueプログラムは、魚種だけでなく、無脊椎動物の存在に関する指標と、摂食、繁殖、ストレス、警戒の観点から、その行動に関する情報を提供します。私たちはついに水中の魚のおしゃべりを翻訳できるようになります。あなたはほとんど言うことができます:セーヌ川で魚のように幸せです。

「そして、もし動物がオリンピックをやったとしたら?」

彼らは表彰台の一番上にいるだろう。世界で最速の男、時速37km×100メートルのウサイン・ボルトは、チーターと彼の110km/hに嘲笑されるだろう。100メートルフリースタイルで、メカジキの金メダル、時速120km。プーマのダブル金メダル、走り幅跳び(12メートル以上)と走り幅跳び(最大5メートル)。重量挙げでは、トランクだけで270キロを持ち上げる象はオリンピックチャンピオンです。しかし、世界で最も強い動物は、その重量の1000倍以上を描くことができるカブトムシです。まるで男の体重が8万キロであるかのように…動物に直面しても、人間は体重を作らない。

フローラン・ギニャール
https://www.rfi.fr/fr/podcasts/c-est-dans-ta-nature/20230722-les-poissons-se-baignent-dans-la-seine

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1696
Enable Notifications OK No thanks