フランスの農家は、気候のために牛の数を減らすよう呼びかけて武装している

フランスの農民協会は、彼らが彼らの生活に対する最新の攻撃として見ているものに怒っていると言います:温室効果ガス排出量を削減する努力の一環として牛の群れを減らすというフランスの国家監査局による勧告。

公共支出の評価を担当する機関である会計裁判所は、今週、メタン排出量を削減するというフランスのコミットメントに沿って「牛の群れを減らす戦略」を設定するようフランス政府に助言した。

これらのコミットメントは「必然的に家畜の大幅な削減を必要とする」と、裁判所はフランスが牛肉や酪農家に割り当てる多額の補助金の評価の一環として書いた。

政府は、1990年のレベルと比較して2030年までに50%の削減を目標に、温室効果ガス排出量の削減をスピードアップする新しい計画を発表しました。

これには、方法を指定せずに、同じ期間に農業からの排出量を20%近く削減するという目標が含まれます。

農民の「傷」

ヨーロッパの他のどの国よりも多くの牛で、フランスの牧場はフランスの農業部門からの全排出量のほぼ半分、国全体の排出量の約12%を生成すると推定されています。

FNSEAの全国農業労働組合連盟の会長であるアルノー・ルソー氏によると、このセクターは地球温暖化との闘いに果たすべき役割があることを知っているが、群れを切ることは答えではないという。

彼はFranceinfoラジオに、彼のメンバーは裁判所の結論によって「怒り、傷ついた」と語ったが、それは単純だと言った。

ルソーは、消化によって生成されるメタンの量を減らすために牛の食事を変えるなどの代替措置を指摘した。

一方、フランス牛と肉の専門家間協会、Interbevは声明の中で、牛が放牧する牧草地は炭素排出量を捕捉し、生物多様性を保護するのに役立つと主張した。

フランスの群れを減らすことは、国がより多くの牛肉を輸入することにつながるだけだと警告し、持続可能性が低いかもしれない供給源から。

抗議により、フランスの農業・食料安全保障大臣マルク・フェノーは、農業の環境上の利点を指摘し、「これまで以上に畜産農家を必要としている」と結論付けた長い防衛をツイッターに投稿した。

オランダの例

しかし、上向きを考慮しても、牛の飼育は食物連鎖の中で最も排出量の多い部分の1つです。

牛は二酸化炭素よりも強力な温室効果ガスであるメタンを生産するだけでなく、牛の飼料を栽培するために使用される肥料と残された肥料の両方から、より有害な亜酸化窒素が放出されます。

そして、研究は、ガスを減らす栄養補助食品やガスの少ない品種の選択的繁殖など、セクターの気候被害を減らすための努力は、せいぜい排出量のわずかな割合を相殺するだけであることを示しています。

これらの要因により、フランスの1700万頭以上と比較して約400万頭の牛を抱えるオランダは、養殖する動物の数を3分の1近く削減することを決定しました。

2021年、政府は次の10年間で畜産農家を買収するために240億ユーロ以上を割り当てた。

その計画は、新しい政党を結成し、今年初めに地方選挙を席巻した農民による激しい抗議を引き起こし、実施を不確実なままにした。

群れの減少

政府の介入がなくても、フランスで飼育されている牛の数は数年前から減少しています。

公式の数字によると、2021年には1730万人でしたが、2011年の1,910万人、2000年には2030万人でした。

フランスの農業省は、2035年までに約1500万、2050年までに1300万に減少し続けると予測している。

会計裁判所は、一部の畜産農場がダウンスケーリングまたは完全に閉鎖されている理由として、低収益と過酷な労働条件を指摘しています。

その報告書は、高価な補助金でセクター全体を支えるのではなく、政府が持続可能な農場をよりよく支援し、他の人が排出削減慣行を採用することを奨励するために政策を改訂すべきだと示唆している。

事業が収益性も持続可能でもない農家は、他の仕事のために再訓練を受けるべきだと推奨しています。

https://www.rfi.fr/en/france/20230525-french-farmers-up-in-arms-over-call-to-cut-cow-numbers-for-sake-of-climate

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1701
Enable Notifications OK No thanks