フランス:グアドループの黒ウニの「大規模な」死亡が心配される

グアドループでは、海洋生物学の専門家がティアラウニの大量死について懸念しています。サンゴの生態系のバランスに欠かせないこの草食生物は、1980年代に謎の病気ですでに壊滅状態になっていました。同じようなシナリオが展開されているようです。

ティアラウニの場合は、虐殺である。グアドループのバステール西海岸では、1週間の間に、この海のハリネズミが突然長い黒いトゲを失うのをダイバーが目撃しています。生物学者も予想だにしていなかったことです。

あまりに突然のことであったため、原因疾患を特定する時間がありませんでした。そこで、この度、大規模なサンプリングキャンペーンを開始しました。AGRRAのウェブサイトでは、ダイバーが他のウニの死因を報告することができます。

棘が抜け、襲われた最初のティアラウニは、4月下旬から5月上旬にかけてでした。

動物を襲う伝染病で、カリブ海全域に影響を及ぼすエピズーティック(epizootic)と思われる。さらに北にあるヴァージン諸島では、2月にすでに警報が鳴らされていた。その後、ジャマイカ、ドミニカ、セントビンセント、マルティニークが同じ観測をしています。

このように、サンゴ礁の消滅が心配されるのは、決して良いことではありません。草食動物であるティアラウニは、藻類がサンゴに侵入するのを防ぎます。BOREA(Biology of Aquatic Organisms and Ecosystems)研究所によると、この地域のサンゴは20〜30%しか生きていないという。

https://www.rfi.fr/fr/france/20220806-france-la-mortalité-massive-des-oursins-noirs-de-guadeloupe-inquiète

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 826
Enable Notifications OK No thanks