国連、公海の海洋生物を保護するための史上初の条約を採択

国連(米国)(AFP) – 公海を保護するための世界初の国際条約が月曜日に国連で採択され、人類に不可欠な遠隔地の生態系を保護するために設計された画期的な環境協定を作成しました。

アントニオ・グテーレス事務総長は、世界の海洋の60%以上を占める国際水域に環境保護の帯を拡張するための法的枠組みを確立する条約を「歴史的成果」として歓迎した。

「海は私たちの惑星の生命線であり、今日、あなたは新しい生命を送り出し、海に戦いのチャンスを与えることを望んでいます」と彼は代表者に語った。

4年間の正式な交渉を含む15年以上の議論の後、国連加盟国は最終的なマラソン会談の後、3月に条約のテキストにようやく合意した。

このテキストは、凍結されて以来、国連の弁護士や翻訳者によって調査され、身体の6つの公用語と一致することを確認しています。

批准を急ぐ

「国は、海洋を保護し、気候変動に対する回復力を構築し、何十億人もの人々の生活と生活を守ることができるように、それを施行するために、できるだけ早く批准しなければならない」と、公海同盟のレベッカ・ハバードは述べた。

科学者たちは、私たちが呼吸する酸素のほとんどを生産し、CO2を吸収することによって気候変動を制限し、しばしば微視的なレベルで生物多様性の豊かな領域をホストする海洋の重要性をますます認識するようになりました。

しかし、世界の海洋の多くが個々の国の排他的経済水域の外にあり、したがって単一の国家の管轄権があるため、いわゆる「公海」の保護を提供するには国際協力が必要です。

その結果、沿岸地域やいくつかの象徴的な種にスポットライトが当てられているため、多くの環境闘争で長い間無視されてきました。

条約の重要なツールは、国際水域に保護された海域を作成する能力です。

現在、公海の約1%だけがあらゆる種類の保全措置によって保護されています。

非政府組織、ピュー・リサーチ・センター、公海同盟によると、保護すべき排他的経済水域と優先海域を示す世界地図 © Sophie RAMIS / AFP
非政府組織、ピュー・リサーチ・センター、公海同盟によると、保護すべき排他的経済水域と優先海域を示す世界地図 © Sophie RAMIS / AFP

この条約は、12月にモントリオールで締結された別の歴史的合意で世界政府が合意したように、2030年までに世界の海洋と土地の30%を保護する国々にとって重要であると考えられています。

フランスの海洋大臣Herve Bervilleは、それに伴い、「私たちは30%の目標を達成する手段を与えている」と述べた。

「奇跡の分子」

彼は、2025年6月にフランスのニースで開催される次回の国連海洋会議までに協定が発効するように、批准に向けた「スプリント」を求めた。

正式に「国家管轄権を超えた生物多様性」またはBBNJに関する条約として知られているこの条約は、国際水域で実施される提案された活動のための環境影響研究を実施するための要件も導入しています。

このような活動には、テキストには記載されていませんが、漁業や海上輸送から、深海採掘や地球温暖化と戦うことを目的とした地球工学プログラムなど、より物議を醸す追求までが含まれます。

条約はまた、国際水域での科学研究によって収集された「海洋遺伝資源」(MGR)の利点を共有するための原則を確立しています。これは、3月の土壇場の交渉をほぼ脱線させた難点です。

多くの場合、そのような遠征に資金を提供するお金を持っていない発展途上国は、特に「奇跡の分子」を探している製薬会社や化粧品会社によって、多くの人がMGRの商業化における巨大な将来の市場として見ているものに取り残されないことを望んで、利益分配の権利のために戦った。

条約は、数十人の国家元首が国連総会のためにニューヨークにいる9月20日に署名のために開放されます。

いくつの国が参加することを決めるかはまだわからない。

ロシア自体は、条約が採択されるとすぐに、テキストのいくつかの要素を「断固として受け入れられない」と宣言した。

NGOは、条約を推進したBBNJのための高野心連合が、欧州連合、チリ、メキシコ、インド、日本を含む約50かそこらの国をメンバーとして数えているため、発効に必要な60の批准のしきい値に達するべきだと考えています。

国連は6月19日に公海条約のテキストを採用する予定ですが、60カ国が批准するまで発効しません © PATRICK HERTZOG / AFP
国連は6月19日に公海条約のテキストを採用する予定ですが、60カ国が批准するまで発効しません © PATRICK HERTZOG / AFP

しかし、60は普遍的な採用とは程遠い – 国連には193の加盟国がある – 海の擁護者が推進している。

「この勢いを前進させましょう。私たちの海、私たちの惑星、そしてその上のすべての人々を守るために働き続けましょう」と国連総会のチャバ・コロシ大統領は述べた。

https://www.rfi.fr/en/international-news/20230619-un-to-finally-adopt-high-seas-treaty

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1530
Enable Notifications OK No thanks