世界で最も裕福な1%は、人類の3分の2と同じくらいの炭素を排出している:レポート

世界が不平等と気候変動の二重危機に取り組む中、新しい報告書は、世界人口の最も裕福な1%が、最も貧しい3分の2を占める50億人と同じ量の炭素排出量を生み出していることを発見した。

慈善団体オックスファム・インターナショナルが日曜日に発表した分析は、2019年に世界人口の1%で最も裕福な1%を占めていた7700万人が、その年の世界の排出量の16%を占めていると結論付けました。

これは、すべての自動車と道路輸送の排出量を合わせた以上のものです。

報告書によると、最も裕福な1%の消費習慣によって引き起こされる排出は、2020年から2030年の間に130万人の熱関連の過剰死亡を引き起こすことがわかった。

ストックホルム環境研究所がまとめた研究に基づいて、この報告書はまた、2019年に世界人口の最も裕福な10%がすべての地球に有害な排出量の半分を占めたことを示した。

超リッチな略奪

「気候平等:99%のための惑星」と題された報告書は、不平等と気候変動は密接に関連していると述べた。超富裕層がより持続可能な世界を創造するのではなく、利益に焦点を当て続ける限り、不平等と気候の脅威の両方が壊滅的なレベルにまで成長すると警告した。

「超富裕層は地球を略奪し、破壊の危機にまで汚染し、人類は極端な暑さ、洪水、干ばつで窒息させている」と、オックスファムの暫定エグゼクティブディレクターであるアミターブ・ベハールは述べた。

超富裕層は主に高所得国に住む白人男性で、その多くは汚染企業に投資していましたが、貧困層は主に女性や少女、先住民コミュニティ、低所得国の人々で構成されていました。

「何年もの間、私たちは何百万人もの命と地球を救うために化石燃料の時代を終わらせるために戦ってきました。私たちも極端な富の時代を終わらせるまで、これは不可能であることがこれまで以上に明らかになった」とベハールは付け加えた。

「問題の一部は、重い炭素排出ヨットやプライベートジェットの使用を含む超富裕層の贅沢なライフスタイルです。」

投資の足跡

オックスファムは、世紀末までに世界を温暖化の1.5C以内に保つために不可欠な化石燃料からの移行の課題は、世界で最も裕福な億万長者が汚染企業に多額の投資を続けると、さらに困難になると警告した。

一般の人々とは異なり、超富裕層によって引き起こされる排出は主に彼らの投資の結果です。昨年、オックスファムは、世界で最も裕福な億万長者のうち125人がこのため、年間平均300万トンを排出していると別々に報告した。

これは、人類の最下位90%の人の平均の100万倍以上です。

慈善団体は、二酸化炭素排出量が非常に少ない貧困の中で暮らす疎外された人々が致命的な気候への影響にどのように耐えているかを直接目撃したと述べた。

「代わりに、壊滅的な干ばつ、火災、洪水の後、彼らは破片を拾うために残され、毎回経済格差が少しずつ広がる」とオックスファムは述べ、不平等が悪化するにつれて、気候変動も悪化することを強調した。

この報告書は、世界の指導者たちが今月後半にドバイで高レベルのCop28気候協議のために会う準備をしているときに発表された。

https://www.rfi.fr/en/environment/20231120-worlds-richest-1-percent-carbon-two-thirds-of-humanity-report-oxfam-climate

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1696
Enable Notifications OK No thanks