サイバーいじめ:インターネットを規制できますか?

学校の嫌がらせと戦うために、フランスのエマニュエル・マクロン大統領は木曜日に技術俳優を受け入れ、インターネット上の未成年者の保護について議論した。サイバーいじめの犠牲者の証言は、最年少だけでなく、増加している。サイバーいじめの新しい形態は何ですか?自分を守る方法は?法律は何を提供し、どのような発展が可能なのですか?

– アン・シャーロット・グロス、NGOリスペクトゾーンのメンバー、デジタル尊重を守るNGO

– 有毒なオンラインコンテンツから個人や企業を保護するためのソリューションを開発するBodyguard.aiの創設者であるチャールズ・コーエン

– サミュエル・コンブルズ、子供と思春期の心理学者、e-Enfance/3018協会の運営ディレクター。

[ja] サイバーいじめ:インターネットを規制できますか? – powered by Happy Scribe

今日のディベート ロマン@イエス皆さんこんばんは、オンラインプラットフォームTwitchで700人近いゼロの加入者から、こんな声がありました。疲れました。そろそろ説明させてください。そこで彼女はこう説明する。彼女はレイプの電話やポルノのモンタージュを常に見せられていることを説明する。今夜は、今日の討論で、サイバーハラスメントについて話します。この木曜日、フランスの大統領エマニュエル ・ マクロン受信インターネット上の未成年者の保護を呼び起こすに技術の俳優が。しかし、ネットいじめは、若い人たちだけが受けるものではないことがおわかりいただけると思います。では、インターネットという怪物を前にして、新たなサイバーハラスメントとは何か、そして、それに対して何ができるのか。どのような規制が可能か?以上が、今晩の質問です。本日の討論とRFIへようこそ。そして、この質問に答えるために、3人のゲストがスタジオにやってきます。Anne-Charlotte Gros こんばんは!サイバー暴力やサイバーハラスメントの予防、監督、管理を専門に行うNGO「リスペクトゾーン」の理事をされていますね。

チャールズ・コーエン こんばんは。Bodyguard, Haitiの創設者。オンライン上の有害なコンテンツから個人と企業を守るためのソリューションを開発している会社。3人目のゲストがオンラインになっています。サミュエル・コンバインこんばんは。

メールマガジン購読

こんばんは。

あなたは児童青年心理学者で、インターネット上の子どもを守るための協会であるEA Enfanceと、デジタル暴力の被害者を助けるための全国電話番号を持つ30 18の運営責任者でもありますね。本日の討論会にお招きいただき、お三方に感謝いたします。まずは、あなたからお願いします。サミュエル・コンブレスそこで、この昔ながらの目立ちたがり屋の例を出したのです。それが、オンラインプラットフォームの加入者、ストリーマーと呼ばれる人たちです。今日のネットいじめがどのようなものか、教えてください。

サイバーハラスメントとは、攻撃的で暴力的なメッセージや画像、偽のビデオを受け取ることで、明らかにユーザーを傷つけ、精神的なダメージを与えることを目的としています。特にYouTubeの動画を作るとき、今回のようにインフルエンサーである場合、まあ宣伝されるわけですから、こういうメッセージを受けたり苦しんだりするリスクが高くなるのは事実です。現在、18歳未満の子どもの約10%がネットいじめに悩まされていると言われています。ですから、これは明らかに相当な数のユーザーを表しています。なぜなら、サイバーハラスメントは犯罪であり、未成年者がこうしたメッセージから身を守り、不幸にもこうしたメッセージに囲まれたときにどう対処すべきかを教えるために、私たちが同行しなければならないと言えるからです。そして、全員がハラスメントをする可能性があることを教えるためでもあります。

マイクの前にいると、メッセージの結果に気づかないこともありますし。だから、私たちがやらなければならないのは、当然、みんなに注意を呼びかけることです。

今日は全国一斉ハラスメント撲滅デーです。そして、木曜日にマクロンがこうした技術系の俳優を迎えていたと言うわけです。最年少の方のお話がありましたね。サミュエル・コンブレスさて、あなたが運営責任者を務める協会「EA Enfance」は、先日、サイバーハラスメントに関する調査結果を発表しましたね。そして、意外かもしれませんが、サイバーハラスメントの最初の被害者は10代の若者ではないのです。最後に、10代の20%が「ネットいじめに直面したことがある」と回答しています。18歳から25歳が6割ですから、2人に1人以上、18歳から25歳のヤングアダルトが、サイバーハラスメントに直面したことがあると答えているのです。この数字をどう説明すればいいのだろうか。思春期より青年期の方が対応力があることは想像がつく。

まあ、それほどでもないんですけどね。図とそれを示す結果を引用しているこの研究は、私たちは皆、懸念しているということです。私たちは皆、潜在的なハラスメント者です。もう一度言いますが、ハラスメント者が攻撃的で攻撃的なメッセージを送るのはとても、簡単なことなのです。そして、何歳であろうと、画面に守られているわけでは全くありません。それゆえ、このようなメッセージから自分を守る方法を大人が知らないことがあるのは事実なので、話し合えることが重要なのです。特に通報制度や、自分を守る優れた手段であるボディガードなどのプロテクションツールが、一般には十分に知られていないため、嫌がらせを受けたときにどのようなスパイラルに陥るかに気づかないことがあるのです。そして、被害者が語るのは、多くの場合、自力で抜け出したいと思っていて、ここに助けを求めに行くことはないということです。そして、まさにその逆が行われるべきなのです。

ハラスメントという修羅場の始まりには、自分を助けてくれるサービスに頼るしかないのです。30 18はその1つになり得ます。声を解放すると、非常に窮屈な状況からなんとか抜け出せるので、移住者がこの目印を使うのは非常に難しいのです。被害者の話を聞くと、まず、「みんなに利用されている」「時間割がない」「1年に20日、84日、355日、憤慨している」ということです。なぜなら、私たちはソーシャルネットワーク上で一人で行動しており、必ずしも反応しない他の証人をフォローしていることが多いからです。そして、この現象に立ち向かうために、私たち一人ひとりが集団として果たすべき役割があり、ハラスメントの状況を目撃したら、変化の主体、施設における保護の主体となり、ソーシャルネットワークに疑問を持ち、時には苦情を申し立て、すべてのソーシャルネットワークとの信頼のクォーターに従う形で極めて迅速にコンテンツを撤回させる能力を持つものについて私たちに連絡できるようにするための機会でもあるのです。

そして、私たちはこのことから、被害者を弁護団に含めることができる真の能力を持っているのです。

コロキウム、デジタル暴力の被害者を支援するための全国番号「30 18」のチーム。ボディガードの話はごもっともです。タイミングよく、今日の討論会には創業者のチャールズ・コーエンをお招きしています。これからインタビューします。しかし、その前にアンヌ=シャルロット・グロ・サミュエルは、ロックアップという言葉を何度も口にした。被害者は監禁されている。これは、現在サイバーハラスメントがあることと、このサイバーハラスメント以前のハラスメントがあることの大きな違いである。

そうですね。実際、オンラインで起こることとオフラインで起こることの違いは、バイラル性があることです。つまり、メッセージを送るとき、このメッセージは非常に強力なアルゴリズムであっという間に増殖し、5分後にはあるメッセージが別のメッセージを呼び出して、5分後には200のヘイトメッセージを持つことになることに気づかないのです。つまり、このバイラル性、グローバルリーチ、つまり、インターネットはこのために素晴らしいものであり、つまり、インターネットの本当のグローバル化、したがって地理的な拡散が起こっているのです。そして最後に、匿名性です。匿名性があれば、仮名の後ろに隠れることができるので、より活発なコメントをすることができると感じるのではないでしょうか。そして最後に、距離があること、画面の向こう側にいることで、ようやく、憎まれ口を叩く自由を感じるのです。結局は同じことなのです。オンラインでもオフラインでも、ルールは同じなのです。

ですから、私たちが適応しなければならないルールがあります。それはデジタルでは良いのですが、非常に長い間適用されてきた、デジタル時代には存在しない古いルールがあります。

だから、デジタル技術で、インターネット、ソーシャルネットワークの比重がますます大きくなっているのです。実はサイバーの重さも、現代ではますます重要視されているのでしょうか。

そうですね、ソーシャルネットワークの利用者が増えているので、ますます増えていますね。例えば、アフリカのような国には、ローカルなソーシャルネットワークや、あまり知られていないソーシャルネットワークがあると思います。そして、これらのソーシャルネットワークには、日々、多くの人が参加しているわけです。ですから、明らかにどんどんスピードアップしていますし、何よりも強力なアルゴリズムと日々向上している技術によって、そのスピードは増しています。

そして、NGO「リスペクトゾーン」の理事をされていますね。サイバー暴力やサイバーハラスメントの予防、監督、ケアを専門に行うNGOです。何に対して、何を推奨しているのか。難しいのは、その言葉を自由にすることです。

ですから、私たちがお勧めするのは、すでに自覚を持つことです。私たちが言ったのは、被害者である人たちは、必ずしも自分が本当に被害者であるという自覚を持っていない、ということです。行動があることもあるということです。本人は、気づかせる必要がある、感化させる必要がある、ということに気づいていないのです。そしてこの意識は、もちろん嫌がらせをする側にもありますが、される側にも権利があることを知ってもらうためです。刑事罰の適用、違法コンテンツの削除要請、苦情申し立て、裁判の提起などがあります。ですから、非常に具体的な対策が用意されているので、今日は、意識改革、これは国民全体が必要です。なぜなら、結局、ソーシャルネットワークの開発者を除けば、人々はこれだけの増殖に気づいていないからです。そして、私は今日もフランスが発表した数字に非常に驚いています。つまり、先に進めば進むほど、憂慮すべき数字になっていることがわかります。

しかし、私たちゾーンは、規制だけでは済まないと考えています。

規制する。しかし、それでは誰のせいで、誰が先に意識改革をするのでしょうか。

ですから、まずは若者から始めるのがいいと思います。早く始めて、意識を高めれば高めるほど、明日には責任ある市民が増えるからです。でもね、親も自覚がないんですよ。ですから、すべての国民にリスペクトゾーンを知ってもらう必要があるのです。学校だけでなく、余暇活動や会社にも介入し、本当に介入しているのです。実際、インターネットは誰にでも影響を与え、老いも若きも関係なく、誰もが影響を受ける可能性があるのです。しかし、実際には、最も若い人たちに優先権があるはずです。

児童心理学者 サミュエル・コンブレス氏 このいじめの惨劇は、後押しされたと言えるのでしょうか?監禁によって若者が超接続されるようになったことが後押ししていると言えるでしょう。

だから、健康危機の影響があったのは事実です。危機の2年間で、私たちの活動は約50%増加しました。それは単に、子どもたちの一部が、意識について話すための真の準備なしに、直接デジタル領域に投げ込まれたためです。また、健康危機の際にデジタル技術が非常に役に立ったのは、学校の学習をフォローし続けることができたからであることは事実です。また、若者同士の社会的なつながりを維持することができ、これは彼らの成長にとって非常に重要なことでした。残念ながら、ツールを使うための準備が十分でない場合、ソーシャルネットワークは本当にツール、つまりコミュニケーションの手段としてとらえるべきだと思うのです。使い勝手の悪いツールは、当然ながら挫折を味わうことになります。そのため、多くの若者が、長い間、ソーシャルネットワークを利用しているのを見たのは事実です。また、このような集団の若返りも見られますが、これにはリスクも伴います。

先ほど、私たちの調査の数値のお話がありましたので。このハラスメントに対抗するのは、大人でも難しい。つまり、学歴証明書は簡単ではないのです。まず、自分がハラスメントの被害者であることを見抜き、そこから身を守る方法を知るのは簡単なことではありません。そして、誰に頼めばいいのかが見えてくる。子どもたちにとっては、もっと大変なことです。特に子どもは、自分が受けたハラスメントを自分の責任だと感じて、罪悪感を抱くことがありますから。なぜなら、自分たちの身に起こっていることは当たり前で、その原因を作ったのは自分たち自身だからだ、という印象を抱いているからです。そして、これもまた先入観にとらわれない対策が必要です。被害者である以上、助けてもらうのが当たり前であり、何の罪もない。

また、現在増加しているサイバーストーカーの被害者の典型的なプロフィールはあるのでしょうか?ストリーマ現象、ストリーマは特にという話でした。

確かに、最近になって、配信者の方々から、コインの裏表のような、強姦や殺人を要求されるような、非常に暴力的で、想像を絶するような状況の証言をたくさん聞くようになりました。2つのうち1つは、あまり表に出ないような動画を自発的に作っているような若者が、こういう被害に遭っていることに気づくことです。また自分をさらけ出せばさらけ出すほど、このようなヘイトメッセージを受け取る可能性が高くなります。受け取る理由がない。そんな風に、被害者になる理由なんてない。たしかに、これはかなり新しいですね。というのも、被害者になりやすい人たちを特定できれば、その人たちをもっと守ったり、意識を高めるためにもっと積極的に行動できるようになるかもしれないからです。残念ながら、私たちは皆、潜在的な被害者なのです。

確かに女子は露出が多い分、SNSをやっていることが多いので、少し余裕を持って使われていますね。複数のアカウントを持っていることもあり、露出が多くなるとすぐにそこでもう一度。

非常に性悪説的な現象もあるんです。今日のサイバーストーカー確かに、オンラインのプラットフォームは、だから、これらのストリーマーが属するところは、これらのストリーマーは、美都の波には触れていない、あるいは、そう見えるという印象がありますね。

バグか、自分を出す人の輪から完全に外れた日。ここでもまた、人々は一般的に、その容姿、目、服装、役割、やり方、すべてにおいて攻撃されることが多いのです。自分たちを前面に押し出す。少年たちは、その男らしさ、本当のあるいは想定される性的指向のために、より攻撃されるのです。また、インターネットは表現の場でもあるので、非常に大きな、そしてどこか不条理なカテゴリーがあるのは事実でしょう。そんな無駄な理由で、攻撃される筋合いはないのです。しかし、若い女の子や中学の途中のティーンエイジャーが、統計的に概して選択の犠牲者であることは事実です。なぜなら、ソーシャルネットワーク上で完全に自律し始めるのも、しばしばその年頃で、親がもう少し自由にしてくれるので、より自分を露出し、また、多くの勧誘をする友達の輪に巻き込まれるからです。

そして、このデジタル・アイデンティティを通じて、仲間とのコミュニケーションに参加したいのです。そして、このような虐待があり得ることは事実です。もう一度、私たちはそれと闘い、本当に話をし、犠牲者が沈黙から抜け出すことを促すために言葉をかけなければならないのです。これは本当に極めて重要なことだと思います。

でも、おっしゃるような言論の自由化。

そしてRFI。

今夜の質問は、「ネットいじめに直面して、インターネットを規制することは可能か」です。これから答え合わせをしますが、ここであなたの出番です。ネット上の有害コンテンツから個人と企業を守るソリューションを開発するBodyguard High Entrepriseの創設者、チャールズ・コーエン氏。その解決策とは?ですから、私にとっては、オンライン毒性に対する答えの1つは、3つの異なる柱を組み合わせることなのです。第一の柱は、技術の柱です。予防的な方法で介入することを可能にする技術、一連の技術、技術的なソリューション。インターネット上の有害なコンテンツから、最大限の人々を守るために。実際のところ、どうなのでしょうか?ボディガードの例で言えば、あるコメントを解析したときに、このコメントはこういう人に対する侮辱だ、これは多少なりともひどい侮辱だ、と教えてくれるような技術を開発しているのです。

あるいは、人種差別、同性愛嫌悪、女性差別、脅迫、セクハラなどかもしれません。そして、その言葉の内容や誰に向けたものかによって、リアルタイムに判断が行われるのです。また、検閲がどこから始まるのか、どこから始めるべきなのか、判断が難しいところです。非常に難しいです。そのため、事実と科学に基づいた判断をするために、解説文の中で発見したことを詳細に説明できる技術が重要なのです。また、私たちが開発しているのは、言語学者、毒性専門家、ソーシャルネットワークの専門家が、オンラインヘルプの新しい傾向を教えるために、毎日この技術に情報を与え、更新している技術でもあります。なぜなら、十分に語られていないことがあるからです。それは、中庸と毒性は猫とネズミのゲームであるということです。つまり、マウスは、プラットフォームが設置するフィルターをすぐに理解し、進化し、ネット上での毒の伝播の仕方を変えていくネットユーザーなのです。

猫は少し太り気味で、少し肥満気味で、この変化についていけないところがあります。そして最後に、サイバーストーカーであるネズミは、常に一歩先を行くため、常に一歩先を行く。そして、このリードは6カ月から8カ月を表します。これがソーシャルネットワークで観察されることなんですね。ソーシャルネットワークは何もしてくれないと言われがちです。ソーシャルネットワークは技術を開発し、コンテンツを削除するためのものを開発しました。私たちが観察しているのは、単にこの6〜8ヶ月の遅れであり、オンライン毒性における新しいトレンドから常に遅れているソーシャルネットワークを観察しているのです。それがまず第一ですね。これらの技術はフェアでなければなりません。偏りがあってはならない。これらは、憎いコンテンツを公平に削除できる技術でなければならない。なぜ?

正にその通り?なぜなら、ソーシャルネットワークを過剰に検閲し始めたら、問題のすり替えしか起きないからです。つまり、誰かを検閲したり、モデレーションを強くしすぎると、その人は単にプラットフォームを離れ、コントロールされていない他のプラットフォームで同じ毒性、同じ憎悪をオンラインで広げるだけになってしまうのです。つまり、問題を分散させているだけなのです。それがインターネットムーブメントの危険性です。その通りです。怪獣と言えば、ほぼそうですね。逆に、節制が足りないと、自己検閲が多いプラットフォームになってしまう。つまり、多くの人が、侮辱されることを恐れて、あえてソーシャルネットワーク上でコミュニケーションや自己表現、公的なやり取りをしなくなるのです。そして、もうひとつの問題に直面することになる。それは、議論し、穏やかに交流するためにそこにいる普通の人々が、侮辱し、暴力的になり、叫ぶことしか知らない人々のコミュニティに道を譲るために、プラットフォームを去ってしまうということだ。

それも問題なんですね。しかし、この節操のない問題にグローバルに対応し、被害が出る前にできるだけ早くすべてに介入できるようにするために、まず技術的な柱が一つあります。2つ目の柱は、私としては規制の柱、つまりレギュレーションが必要だということです。時には財布に触れ、多くの人に「不自由はない」「何でも言えるわけではない」ことを理解してもらう必要があります。実生活で適用される法律が、インターネットでも適用されなければならないのです。ウォレットはどのように触るのですか?つまり、ウォレットとプラットフォームの両方に影響する規制が来るわけですが、その場合、プラットフォーム上の有害コンテンツや違法コンテンツに対して少し寛容になりすぎてしまうのです。そして、インターネット上で相手を侮辱したり、脅迫したりすることは違法であることを、誰もが再認識する必要があるのです。エンフォースメントはエンフォースメントです。問題は、規制が実施されるまでに長い時間がかかることです。

フランスでは、プラットフォームの法定代理人の問題があります。介入には時間がかかる。そして3つ目の柱は、今日もこの俳優たちの周りにいます。子供たちを教育し、こうした毒性の問題を啓蒙する教育目的、また、ある種のニーズを持った人々に同行するゾーンなどの解決策としても重要な、私にとっての人柱です。これも極めて極めて重要なことです。そして、この三本柱こそが、私の考える解決策であり、この問題に対応することを可能にするものなのです。サミュエル・コンブレさんは、シャルル・コーエンを引用したEnfance協会の運営ディレクターですが、シャルル・コーエンを代表するボディガードのような節度ある行動が、なぜ今日一般化されないのでしょうか?

いい質問ですね。そして、私はそれがこれらの憎悪のメッセージの到着に対して戦う非常に効果的な方法であることは事実であるので、このタイトルのより良い知識が参加するあなたのプログラム、であると思います。いざというときに、教育学的な説明や見せ方、ツールがあることを説明できないと、それが何なのかわからないことが多いと思うんです。確かに彼らは生きている。しかし、インターネットを前にして、私たちにできることは何もない。Balthyを助ける解決策はない。一に解散、二に医療に善処。ですから、私たちに送られてくるメッセージをフィルタリングし、コントロールするこのシステムをよりよく知らしめることが、よりよい保護に貢献すると思います。先ほどの人たちとの関係で付け加えると、パイプについてです。ユーザーがソーシャルネットワークの人々に加えて、おそらくもっと多くのモデレーターを経由することになった場合の最善の保護は、何人いるか、彼らのトレーニングは何か、地球上の測定に配備されているかを正確に知ることが困難であることだと思います。

しかし、それが貢献していることも事実だと思います。しかし、これらの報告書をすべて処理し、非常に迅速に行うための手段を導入したことで、わずかながら増加したと見ることができます。インターネットのバイラリティを語るのは事実ですから。SNSに上がるのは報告書です。その背景には人間の苦しみがあるので、常に緊急事態なのです。介入できるようにしなければならないのです。そして、これは5つ目の柱は、ハラスメントが報告されたときに、司法制度がそれを罰する手段を確保できるようにすることです。しかし、残念なことに、それはむしろ大きな状況を量るために使われるもので、非常に大きな苦しみを持っていると言えるでしょう。特に、宗教、つまりイスラム教について面白いことを言ったということで嫌がらせを受けた若者のことを思っています。ですから、私たちにも時代とニーズがあり、保護者のレベルであれ、被害者を助けるさまざまな技術的システムについての話であれ、保護の連鎖全体が行動できることは事実なのです。

そしてその後、ソーシャルネットワークも全部拾えますが、入れてください。それは確かです。そして、制裁もできる。ハラスメントをする人がそう言うのをよく聞くが、いずれにせよ、何も起こらないから好きなことができるのだ。そして、この先入観は絶対に進化させなければならない、ということも事実です。

では、法律ではどうなっているのでしょうか?Anne-Charlotte Grosが参加しています。NGO「リスペクト」「リスペクトゾーン」のメンバーであることは、良いことだと思います。だって、みんなプラットフォームは普通にお財布に当たるって話が好きなんだもん。実際、サイバーハラスメント行為は、最高で35,000ユーロの罰金、さらには2年の禁固刑に処される可能性があります。

先ほど、ヨーロッパの規制の話をしました。欧州の規制があり、超大型プラットフォームは2023年、小型プラットフォームは2024年に発効する予定です。これは非常に画期的なことで、欧州レベルで初めて、プラットフォームに対して一定の義務を課すことが決定されたからです。そして何より、これが重要なのですが、これらの義務が果たされない場合、売上高の最大6%の刑事罰を科すことを決定しました。これはまさに革命であり、欧州の規制において古典的になりつつあるもう一つの革命で、私たちはこの規制の適用を域外適用にすることを喜んでいます。つまり、この規制は欧州で活動するすべての外国企業に適用されることになります。つまり、国際法を発動して外国法下にあるからヨーロッパのルールを適用するのではなく、強制的に適用することになるのです。なぜなら、報告書はプラットフォームにとって最も重要なものだからです。また、先ほども申し上げたように、大規模なプラットフォームはすべて海外に本社を置いているため、法的な代理人も必要です。

そして最後に、アルゴリズムの一定の透明性を強化し、インターネットユーザーが被害者もしくは冤罪である場合、自らをそのように考えて告訴する制度を整備することです。

そして、私たちはこの権利を押し付ける義務があるのです。最後に、我々は最終的に、ソーシャルネットワークの責任、彼はそれについて話したが、それを埋めるために、それを制限するため、求めることはできません。ソーシャルネットワークの側がいじめを糾弾するのに甘いということはないのです。最後に、彼らにとっても悪い宣伝になる。それはありますね。

実は、2001年にヨーロッパで行われた選択で、「インターネットはこれから来る、素晴らしいツールだから、しばらくは放っておいて、自由にしてあげよう」というものでした。当時は、おそらくプラットフォームが流れをコントロールすることが少なかったのでしょう。今日、フロー、プッシュされるコンテンツにかなり多くのアクションがあることが分かっています。だから、実はパラダイムシフトが起きているのです。20年の間に、最終的にはこれらのプラットフォームが積極的な役割を果たし、それゆえ義務を課すべきであると気づきました。もう一度言いますが、これらは最終的に透明性を高め、被害者への補償を促進し、ヘイトスピーチを阻止するための義務なのです。しかし、ソーシャルネットワークに対する直接的な疑問はない。ですから、私たちが待っているのは、当然、この欧州の規制が完全に適用されることであり、現在、すべてのプラットフォームがその発効に向けて動いていると想像します。

つまり、ヨーロッパでの小さな革命なんですね。フランスでは、法的な武器はすべて揃っていますし、多くの刑事制裁があります。押収されることもある審査員がいます。だから、法的な武器があると言うことになる。

しかし、それが応用されているのか?

適用されないのではなく、言われたとおりのジャッジをするのです。実は、それ。

クレームを出すことに問題がある。

その通りです。もっと両方を。

最終的に苦情を申し立てるなと言われた」というハラスメント被害者は3分の1。

そして、まさにディスカレッジ。まず、被害者への情報提供やデータの尊重が不足していると思うので、被害者が受けていることに関連して、被害者の権利や志向性を知らせるアプリケーションを開発しました。さらに、憎悪的、人種差別的なコメントである、削除しなければならない、ということがはっきりしているケースもあるので、明らかに違法と思われ、集団訴訟となる。それで、裁判官に照会するのが正当な方法だと思われます。そして、先ほどおっしゃったように、合法か違法かよくわからないグレーゾーンがあります。私たちはアグレッシブさを、さまざまなことを混同しています。毒性は必ずしも違法ではありません。そして、こうしたグレーゾーンにこそ、私たちは介入して代替案を提案し、特に、例えば、それを可能にする調停ツールを提案するのです。これらすべてのケースで、裁判官が取り押さえられず、紛争の円満な解決のための具体的な解決策が提案されています。

簡単なことで、苦しみに終止符を打つには十分な時間だ。その考えは、本当に行動や憎悪に満ちたコメントだけでなく、被害者の苦しみにも終止符を打つことなのでしょうか?だから、法律があるのは事実だが、裁判官が前面に出てくるのである。彼はまったく関与していない。今、彼は少しばかり関わっている。だから、訴訟が多くなるのです。VIA法で作られたデジタル検察庁があります。だから、どうなるかな。しかし、インターネットユーザーにとっては障害になることもあるのは事実で、特に言葉にしてやっと取り上げる勇気がないところに集団訴訟となると、それはもう大変です。このような事実に対して、ジャッジを下す。

いずれにせよ、ツールは存在するわけで、NGOもその一つであることは明らかです。ボディーガード、完全終了。そして、この欧州の法的枠組みが2023年にやってくるということも理解しています。NGOのメンバー、あなたのガードの創設者、どうもありがとうございました。Enfance et du 30 18協会の運営ディレクターである児童思春期心理学者、サミュエル・コンブレス氏に感謝、感謝です。本日の討論を終了します。Florence Ponceに感謝し、その実現にJustine Mascarasを準備する。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/débat-du-jour/20221110-cyberharcèlement-peut-on-réguler-internet

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 885
Enable Notifications OK No thanks