フランスは問題を抱えた学校のために「移動治安部隊」を展開する

フランスのニコール・ベルベ教育大臣は金曜日、セキュリティ問題に直面している学校に配備される国家「移動部隊」の創設を発表した。この動きは、教職員に向けられた死の脅迫の相手前の中で起こります。

「この学校の力は、苦労している施設が長期間にわたって困難に対処することを可能にし、教師を安心させることを目的としています」と教育スタッフ、彼女はスタッフが最近脅威に直面したボルドーの専門学校への訪問中に言いました。

フランスの報道機関AFPによると、大臣室は、チームは「国民教育システムの約20人のエージェント」で構成されると述べた。

チームは9月の2024年度の初めから稼働します。

危機が発生した場合、地元の学校当局が追加の支援を必要とする場合、「48時間以内に全国的に展開できる」と彼女は言った。

ヒジャーブの列

学校は、2009年に設立された地域システムの下で、すでに「モバイルセキュリティチーム」を呼び出すことができます。

新しいユニットは、パリのモーリス・ラヴェル高校の校長が、イスラム教徒の学生にヘッドスカーフを外すように頼んだ後に受けた脅迫で辞任した後に来ます。

少女が校長に対して提出した苦情は却下されたが、彼は安全上の理由を理由に辞任することを選んだ。

メッセージングは中断されています

学校向けの内部電子メッセージングシステムを介して送信された脅威が繰り返された結果、教育省は、プラットフォームは追って通知があるまで停止されると述べた。

何百もの中学校と高校がENTメッセージングシステムのハッキングによって標的にされ、Belloubetが「悪意のある行為」と呼んだものを防ぐためにそれを無効化する決定を促しました。

同省によると、先週半ばから340の学校が脅迫を受けている。いくつかの学校は一時的に避難し、1人のティーンエイジャーがハッキングに関連して逮捕された。

(ニュースワイヤー付き)

https://www.rfi.fr/en/france/20240329-france-rolls-out-mobile-security-force-for-troubled-schools

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1664
Enable Notifications OK No thanks