新学期のコストが高騰する中、フランスの親は中古品の買い物をする

フランスで新学期が始まると、インフレ率が高いため、今年は学用品が11%以上かかると推定されています。パリの郊外で、RFIは文房具、スポーツキット、ランドセル、その他の必需品を拾うためにチャリティーショップに目を向ける両親に会いました。

ジェシカ・フェランとRFI

パリの南東郊外にあるイヴリー・シュル・セーヌにあるEmmaüsチャリティーショップでは、接着剤の棒が50サンチームで販売されています。これは、スーパーマーケットで支払う金額のほんの一部です。

「特にこの危機で、安く物資を手に入れるのは本当にお買い得です」と、ある母親は文房具を探しながらRFIに語った。

「私たちはここで自分自身を扱うことができます。あなたは彼らがその年に必要なほとんどすべてを見つけることができます。

フランス全土の子供たちが夏休み後にクラスに戻る準備をしている間、毎年9月のリターンであるラ・レントレの前にフランスの学校から通常送られる網羅的なリストのすべてを購入するのは両親次第です。

今年、生徒が現れると予想されるさまざまなペン、ノートブック、スポーツキット、その他の消耗品の請求書は著しく急です。家庭消費者協会であるConfédération Syndicale des Familles(CSF)によると、昨年より11.3%増加しています。

グループは、小学校の子供のために学用品を購入する平均コストは2023年に233ユーロで、2022年よりも40ユーロ以上多いと推定しています。中学と高校の生徒の費用もそれぞれ371ユーロと427ユーロに上昇しましたが、上昇はそれほど急激ではありません。

他の見積もりでは、平均価格の上昇は6〜10%と低くされていますが、FranceInfoの学校供給法案を調査した消費者調査会社NielsenIQのEmmanuel Fournetによると、ローエンドでも前年よりも大きな増加が残っています。

インフレ咬傷

主な要因はインフレで、過去1年間フランスで高騰しており、2月に6.3%でピークに達しました。

エネルギー価格の上昇が紙パルプのコストにノックオン効果をもたらしたため、その影響は特に文房具通路で顕著です。CSFによると、文房具は今年の夏に約25%高価です。

寄付されたアイテムを販売しているIvryのEmmaüsではありません。先週、それは「素晴らしい状態」であると宣伝された学用品の特別セールを開催しました。

「価格は非常に手頃な価格です」とショップマネージャーのPepin AssiはRFIのSylvie Koffiに語った。

顧客が閲覧するにつれて、彼は次のように説明しました。「時にはタグの価格を下げ、時には仕事を失った親がいることに気づいたので、無料で物を配ることもあります…それで、あなたは何をしますか?私たちもそれに対応しなければなりません。」

新学期の特典

フランスは、新学期手当(allocation de rentrée scolaire)の形で学用品の購入に苦労している家族に財政的支援を提供しています。

毎年8月に約300万の低所得世帯に支払われ、インフレを考慮して、手当は2022年と比較して今年5.6%増加しました。現在、最年少の学童は398ユーロから高校生は435ユーロです。

政府はまた、必須製品を手頃な価格に保つために、今年初めに小売業者と締結した反インフレ協定の一環として、フランス最大のスーパーマーケットチェーンに学用品の値上げを制限するよう求めた。

フランスの買い物客は、小売業者が制裁に脅かされたため、低価格を約束した
それにもかかわらず、7月、貿易大臣のオリビア・グレゴワールは、フランスの消費者保護機関に学用品のコスト上昇を調べるよう依頼した。調査結果は、通常8月末に提供されるプロモーションを考慮して、9月に配信されると述べた。

ガブリエル・アタル教育大臣は今週、政府が教育用品を保護者が卸売価格で利用できるようにするための措置を講じることを検討すると示唆した。

「私たちはインフレの非常に厳しい時期を経験しており、学用品はあなたが節約できるものではありません」と彼はTF1テレビに語った。

寄付された物資

その間、慈善団体は、9月4日に新学期が始まる前に、学袋を埋めるために介入しています。

Emmaüsと同様に、Secours Populaire Français、Caritas、赤十字などの慈善団体は、それを買う余裕がある人々に、困っている家族に新品または中古の学用品を安く販売したり、無料で寄付したりすることを奨励しています。

例えば、東部のストラスブールでは、カリタスとセコース・ポピュラーは、今月約1,120人の学童に真新しい物資を配布し、2ユーロ以下の名目上の支払いのみを要求したと言います。

このイニシアチブは、通常、フランスの亡命または移民制度をまだ通過しているため、政府の新学期手当の資格がない親を対象としています。

慈善団体によると、援助を受けている子供たちの数は今年ほぼ2倍になりました。前学年は600人でした。

しかし、貧困ラインを超えても、使用済み物資の魅力を見る人が増えています。

オンライン金融コンサルタントのヨモニによる世論調査によると、この夏に調査された1,000人近くの親の32%が学用品の再利用を計画していると答え、16%が中古品を購入していた。

一方、フランスのクラシファイド広告サイトLeboncoinは、両親がオンラインで中古品を探しているため、ここ数週間でフォルダ、ペンシルケース、バックパック、その他の学校用品の検索が急増したと報告しています。

IvryのEmmaüsに戻って、3人の父親の一人がRFIに、彼はすべてのレンタルでチャリティーショップに来ると言いました。

「それは私たちに少しお金を節約します」と彼は蛍光ペンを探しながら言った。「インフレをそのままで傷つけることはできません。Emmaüsから始めて、見つからないものは何でもスーパーマーケットで探します。

彼は子供たちが鉛筆ケースに中古品を入れて学校に戻ることを気にしていません。

「それがうまくいく限り」と彼は言う。「さらに、それは環境に優しいです – 私たちは物事を再利用する必要があります。」

https://www.rfi.fr/en/france/20230902-parents-in-france-shop-secondhand-as-back-to-school-costs-soar

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1694
Enable Notifications OK No thanks