ルーブル美術館

世界最大級の美術館でもあり博物館であるルーブル美術館は先史時代から19世紀までの美術品が納められており、年間1000万人を超える入場者が世界各国から訪れます。この建物は本来は要塞であり、歴代のフランス王の王宮として使用されていたのですが、ルイ14世がヴェルサイユ宮殿に移り、こちらを王室美術品の収蔵、展示場所とすることになりました。フランス革命でこれを美術館として使用することになり、現在に至ります。ガラスのピラミッドが建造されたり、絵画のみならず、古代美術部門なども創設されています。

そんな、ルーブル美術館タイプの貴方は、
つねに挑戦し、様々な視野で進化するタイプです。
新しい事が好きですが、一つのことに集中はせず色々目移りしてしまうかもしれません。
移り変わる世界で楽しめるでしょう。

シェアしよう!