エッフェル塔に爆破予告、2000人の観光客が避難

9月28日、パリのエッフェル塔は騒然とした。敷地内に爆発物をしかけたという爆発予告の匿名電話があったからだ。警察と軍が出動し2000人の観光客が避難させられる事態となった。

結局、何も起こらずニセの予告であったわけだが、こうしたニセの爆発予告の電話がパリでは年間40件近くあるという。

たいていは、パリの人が多く集まる場所、通り、建築物がターゲットであり、電話の主は男性だそうだ。

予告の目的は何か。爆発予告のたびに、警察と軍が出動し右往左往させられているが、その光景を楽しみたいという精神異常者なのか。とにかく、爆発は実際に起きていないのだから、実際に事を起こさぬよう祈るのみだ。

ちなみに、こうした予告の電話は、2年の刑と3万ユーロの刑が科せられる。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 中小企業に比べ税金を払わない大手企業

    フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。 その…
  2. ミカエル・アース監督インタビュー

    フランス映画祭2019「アマンダと僕」で来日中のミカエル・アース監督にインタビューを行いました。 …
  3. フランスの救助部隊満足に活動できず

    フランスの救助隊120人が救助装備と共に日本に到着し、救助にあたりましたが、あまり満足な活動が出来ず…
  4. フランス人、トップクラスの生産性

    バカンスと言えばフランス人。フランス人はよく遊び、ほどほどに働くといったイメージを持つ人は多い。その…
  5. フランスの税制

    衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial