エッフェル塔に爆破予告、2000人の観光客が避難

9月28日、パリのエッフェル塔は騒然とした。敷地内に爆発物をしかけたという爆発予告の匿名電話があったからだ。警察と軍が出動し2000人の観光客が避難させられる事態となった。

結局、何も起こらずニセの予告であったわけだが、こうしたニセの爆発予告の電話がパリでは年間40件近くあるという。

たいていは、パリの人が多く集まる場所、通り、建築物がターゲットであり、電話の主は男性だそうだ。

予告の目的は何か。爆発予告のたびに、警察と軍が出動し右往左往させられているが、その光景を楽しみたいという精神異常者なのか。とにかく、爆発は実際に起きていないのだから、実際に事を起こさぬよう祈るのみだ。

ちなみに、こうした予告の電話は、2年の刑と3万ユーロの刑が科せられる。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスの工業に対して対策

    フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
  2. 江戸時代にフランス語を習ったらどうなるか?

    フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  3. メラニー・ティエリー(Memory of Pain)インタビュー

    既に多くの人に読まれているデュラスの作品に出ることの感想は? 今回はこの素晴らしい役を演じられ…
  4. フランスの救助部隊満足に活動できず

    フランスの救助隊120人が救助装備と共に日本に到着し、救助にあたりましたが、あまり満足な活動が出来ず…
  5. フランスの匿名出産制度

    日本でも赤ちゃんポストの設置が議論をよんだことがあるが、これは出産後母親が育児放棄をしてしまう事で不…
ページ上部へ戻る