エールフランス事故その後、航空機ブラックリスト

6月1日に起きたエールフランス墜落事故から早一ヶ月が経つ。先月の26日にはブラジル空海両軍による捜索は、生存者や遺体が見つかる可能性はないとして捜査を打ち切ったと発表した。

事故の原因究明の鍵となるブラックボックスの所在も依然としてつかめておらず、フランスの潜水艦などが捜索活動を行っている。

また先日は、コムロ沖合でイエメン航空機の墜落事故が発生。飛行機事故が相次ぐ中、EUは「最も危険なエアラインリスト」を発表した。

このブラックリストに載っている200社ほどのエアラインはアフリカやアジア地域のものがほとんどで規模の小さな会社で、EU域内の飛行は禁止されている。

審査の基準は国際機関による調査で、安全システム、ジェットエンジン等視覚による確認が行われる他、EU市民がどの飛行機でどんな事故にあったのかも調べられる。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスの工業に対して対策

    フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
  2. シニアの雇用促進

    日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  3. 幼児のテレビ鑑賞は禁止すべき?

    幼児にテレビを見せてもいいのか、悪いのか。年少者を育てる親なら誰もが悩むテーマだが、どんな育児書でも…
  4. 産休で不足する教師たち

    女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
  5. 日本とフランスの自殺者数

    日本の自殺者数は警視庁の資料によるとここ十年、毎年3万人を超えており増加傾向にある。国際比較では、自…
ページ上部へ戻る