エールフランス事故その後、航空機ブラックリスト

6月1日に起きたエールフランス墜落事故から早一ヶ月が経つ。先月の26日にはブラジル空海両軍による捜索は、生存者や遺体が見つかる可能性はないとして捜査を打ち切ったと発表した。

事故の原因究明の鍵となるブラックボックスの所在も依然としてつかめておらず、フランスの潜水艦などが捜索活動を行っている。

また先日は、コムロ沖合でイエメン航空機の墜落事故が発生。飛行機事故が相次ぐ中、EUは「最も危険なエアラインリスト」を発表した。

このブラックリストに載っている200社ほどのエアラインはアフリカやアジア地域のものがほとんどで規模の小さな会社で、EU域内の飛行は禁止されている。

審査の基準は国際機関による調査で、安全システム、ジェットエンジン等視覚による確認が行われる他、EU市民がどの飛行機でどんな事故にあったのかも調べられる。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. ヴァカンスの学習帳(夏休みの練習帳)

    毎年夏になると400万部も売れるベストセラーの本があります。それはcahier de vacance…
  2. フランスでバカロレアは絶対か?

    日本よりも学歴社会と言われるフランスでフランスの大学入学資格であるバカロレアの合格者が発表され、大学…
  3. ボルドーの持続可能なワイン造り

    ボルドーはフランス最大のAOCワイン生産地で世界のブドウ畑の1.7%を占めています。年間約6億75…
  4. 国民健康保険、赤字対策で自己負担率アップ

    今月から半年間EU議長国となり、お祝いにエッフェル塔のスペシャルライトアップがお祝いムードですが、妥…
  5. 中国工場を閉鎖しフランスへ

    ここのところ中国にあった製造工場を閉鎖し、フランスへ戻ってくる企業が出てきている。 中国では人…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial