エールフランス機、空中分解説も

エールフランス機墜落の惨劇が起きて17日が経つが、未だ事故の原因は解明されておらず、ブラックボックスの捜索も困難をきわめている。

現場海域ではこれまでに残骸など400個以上の回収と50遺体を収容しており、手がかりとなるものを探している状況。ブラジル当局による遺体の検死からは、空中分解説が有力とされているが、フランス側は決めつけてしまうにはまだ時期尚早という見解を示している。

フランス人被害者家族からはエールフランスに、正しい情報が提供されていないのではないかと訴える出来事も起きたが、エールフランス社長は情報をリリースするのは捜査を行うフランス当局一カ所のみであるべきと主張。これ以上不確かな情報が錯綜することを避けたい意向だ。

原因究明の鍵を握るブラックボックスは、シグナルがだいたい一ヶ月後には音波が弱まってしまうとあって、捜索を絶望視する声もあがっている。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスの地方分権

    今度の衆議院議員選挙は東国原知事の問題で地方分権選挙のような感じになるところだった。今でも橋下知事が…
  2. フランスの税制

    衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
  3. シニアの雇用促進

    日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  4. 中小企業に比べ税金を払わない大手企業

    フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。 その…
  5. フランスの救助部隊満足に活動できず

    フランスの救助隊120人が救助装備と共に日本に到着し、救助にあたりましたが、あまり満足な活動が出来ず…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial