エールフランス機、空中分解説も

エールフランス機墜落の惨劇が起きて17日が経つが、未だ事故の原因は解明されておらず、ブラックボックスの捜索も困難をきわめている。

現場海域ではこれまでに残骸など400個以上の回収と50遺体を収容しており、手がかりとなるものを探している状況。ブラジル当局による遺体の検死からは、空中分解説が有力とされているが、フランス側は決めつけてしまうにはまだ時期尚早という見解を示している。

フランス人被害者家族からはエールフランスに、正しい情報が提供されていないのではないかと訴える出来事も起きたが、エールフランス社長は情報をリリースするのは捜査を行うフランス当局一カ所のみであるべきと主張。これ以上不確かな情報が錯綜することを避けたい意向だ。

原因究明の鍵を握るブラックボックスは、シグナルがだいたい一ヶ月後には音波が弱まってしまうとあって、捜索を絶望視する声もあがっている。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 科学技術振興する国家

    最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  2. フランスの政策失敗例

    日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされ…
  3. フランスの救助部隊満足に活動できず

    フランスの救助隊120人が救助装備と共に日本に到着し、救助にあたりましたが、あまり満足な活動が出来ず…
  4. フランスで年金受給年齢引き上げ

    日本でも年金受給年齢が65才に上がったが、ヨーロッパでも受給年齢を上げる案が出てきている。フランスは…
  5. 国民健康保険、赤字対策で自己負担率アップ

    今月から半年間EU議長国となり、お祝いにエッフェル塔のスペシャルライトアップがお祝いムードですが、妥…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial