エールフランス447便、ブラックボックスいまだ発見されず

もう1年も経ってしまった。リオ・デ・ジャネイロ発パリ行きのエールフランス447便が海上で墜落。200名以上の乗員乗客が命を絶った悲劇の事故となった。

事故後、原因究明のためブラックボックスの捜索が行われたが発見されず、落雷にあった説が浮上したままとなっている。

そして、今回航空機が消息を絶ったとされる場所から40キロほど離れた場所で、フライトレコーダーが発見されたと発表があり、無人探索機による更なる捜索が続けられたが、結局フライトレコーダーは発見されずじまいのまま、遺族の人たちは落胆している。

捜索を続けるのはノルウェー船。予算の続く限り、ブラックボックスを探し続けている。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 日本とフランスの自殺者数

    日本の自殺者数は警視庁の資料によるとここ十年、毎年3万人を超えており増加傾向にある。国際比較では、自…
  2. フランスの地方分権

    今度の衆議院議員選挙は東国原知事の問題で地方分権選挙のような感じになるところだった。今でも橋下知事が…
  3. 幼児教育への関心高まる

    日本では最近幼児教育がブームになっているようだ。少子化傾向の分、ひとりの子供に注がれるお金やパワーが…
  4. フランスの犬事情

    フランスに行くと犬が多いのに驚くだろう。たまに結構でかい犬が地下鉄に乗っていたりする。あのくらいだと…
  5. 結婚なんて過去のもの

    324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial