エールフランス447便、ブラックボックスいまだ発見されず

もう1年も経ってしまった。リオ・デ・ジャネイロ発パリ行きのエールフランス447便が海上で墜落。200名以上の乗員乗客が命を絶った悲劇の事故となった。

事故後、原因究明のためブラックボックスの捜索が行われたが発見されず、落雷にあった説が浮上したままとなっている。

そして、今回航空機が消息を絶ったとされる場所から40キロほど離れた場所で、フライトレコーダーが発見されたと発表があり、無人探索機による更なる捜索が続けられたが、結局フライトレコーダーは発見されずじまいのまま、遺族の人たちは落胆している。

捜索を続けるのはノルウェー船。予算の続く限り、ブラックボックスを探し続けている。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされ…
  2. フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
  3. 現在日本からフランスへは、400以上の企業、約30900人が住んでいます。特にフランスなど海外に派遣…
  4. フランスの税金が安いという印象はないが、フランス国債が格下げの危機にあり、フランス大富豪連合は、高額…
  5. espace sans tabac
    フランス国内の子どもの遊び場を全面禁煙にする行政命令が出ました。 違反した場合は68ユーロの罰金が…
  6. 日本でも年金受給年齢が65才に上がったが、ヨーロッパでも受給年齢を上げる案が出てきている。フランスは…
  7. 324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
ページ上部へ戻る