クリアストリーム事件、ドビルパン元首相の公判はじまる

ニセの裏金疑惑をかぶせて、サルコジ大統領の失脚を画策したとして訴えられているクリアストリーム事件で、ドミニク・ドピルパン元首相の初公判が21日から開始された。

フランスでは今年もっとも注目を浴びている公判で、ドビルパン元首相は公の場に表れサルコジ大統領を「ある一人の執拗な人物」と呼び、敵意をあらわにした。また、「裁判によって身の潔白を証明したい」ともコメント。家族を伴って登場したあたり、無実であることをアピールしたかったのだろう。

クリアストリーム事件は、2004年当時、ドビルパン元首相がシラク前大統領の後継をサルコジ大統領と争っているときに起きた事件だ。サルコジ大統領らがルクセンブルクのクリアストリーム銀行に隠し口座を持ち裏金を受け取っていたとするニセの密告文書に関与したと疑われている。

有罪の場合、最高で5年の懲役刑になる。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスに行くと犬が多いのに驚くだろう。たまに結構でかい犬が地下鉄に乗っていたりする。あのくらいだと…
  2. 日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされ…
  3. 20年前なら、フランス人のみならずフランス語圏の人間にドイツやドイツ語について聞けば、アレルギーかと…
  4. 市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  5. 現在日本からフランスへは、400以上の企業、約30900人が住んでいます。特にフランスなど海外に派遣…
  6. OECD加盟国によるPISA(学習到達度調査)の2009年度の結果が発表された。PISAは3年ごとに…
  7. 女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
ページ上部へ戻る