クリアストリーム事件、ドビルパン元首相の公判はじまる

ニセの裏金疑惑をかぶせて、サルコジ大統領の失脚を画策したとして訴えられているクリアストリーム事件で、ドミニク・ドピルパン元首相の初公判が21日から開始された。

フランスでは今年もっとも注目を浴びている公判で、ドビルパン元首相は公の場に表れサルコジ大統領を「ある一人の執拗な人物」と呼び、敵意をあらわにした。また、「裁判によって身の潔白を証明したい」ともコメント。家族を伴って登場したあたり、無実であることをアピールしたかったのだろう。

クリアストリーム事件は、2004年当時、ドビルパン元首相がシラク前大統領の後継をサルコジ大統領と争っているときに起きた事件だ。サルコジ大統領らがルクセンブルクのクリアストリーム銀行に隠し口座を持ち裏金を受け取っていたとするニセの密告文書に関与したと疑われている。

有罪の場合、最高で5年の懲役刑になる。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 増税を望む大富豪

    フランスの税金が安いという印象はないが、フランス国債が格下げの危機にあり、フランス大富豪連合は、高額…
  2. 中小企業に比べ税金を払わない大手企業

    フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。 その…
  3. フランスでもブルカ禁止法案

    先日、ベルギーでヨーロッパ初のブルカ禁止の法案が下院を全会一致で通過したが、フランスでも同様の法案が…
  4. 国民投票でフランス人の真の声を届けよ!

    市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  5. 子だくさんフランス

    今年あたり、友人がフランス人男性と結婚することになりそうです。彼女がフランス留学時代に知り合い、以来…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial