クリアストリーム事件、ドビルパン元首相の公判はじまる

ニセの裏金疑惑をかぶせて、サルコジ大統領の失脚を画策したとして訴えられているクリアストリーム事件で、ドミニク・ドピルパン元首相の初公判が21日から開始された。

フランスでは今年もっとも注目を浴びている公判で、ドビルパン元首相は公の場に表れサルコジ大統領を「ある一人の執拗な人物」と呼び、敵意をあらわにした。また、「裁判によって身の潔白を証明したい」ともコメント。家族を伴って登場したあたり、無実であることをアピールしたかったのだろう。

クリアストリーム事件は、2004年当時、ドビルパン元首相がシラク前大統領の後継をサルコジ大統領と争っているときに起きた事件だ。サルコジ大統領らがルクセンブルクのクリアストリーム銀行に隠し口座を持ち裏金を受け取っていたとするニセの密告文書に関与したと疑われている。

有罪の場合、最高で5年の懲役刑になる。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. シニアの雇用促進

    日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  2. 産休延長へ

    フランスの年金改革のデモの話が大きくて隠れているが、ヨーロッパ議会は産休を延長する法案を採択した。E…
  3. 移民のDNA鑑定に足踏み状態

    フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  4. 日・仏社会保障協定発効

    現在日本からフランスへは、400以上の企業、約30900人が住んでいます。特にフランスなど海外に派遣…
  5. バカンスはエコロジーか?

    7月から8月にかけてフランスはバカンスに入ってしまうため、フランスとのやりとりはほぼ完全にストップし…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial