サルコジ大統領、マスコミに怒る

最近フランスを騒がせているのはミッテラン文化相の小児性愛の疑いであったり、サルコジ大統領の息子ジャン・サルコジ氏の公的機関への要職就任問題だ。

サルコジ大統領にとっては、顔のまわりを蚊がとんでいるようにうるさいようで、ついにこれらの話題に食いつくマスコミを批判するコメントを行っている。

「コメンテーターはコメントをするのが仕事だが、私たちの仕事は行動することだ。行動する側が批判されやすいのは仕方がない。コメンテーターと仕事が違うのだ」と述べている。

ジャン・サルコジ氏のEPADのトップ就任については、サルコジ大統領の「絶対王朝」制とまで揶揄されており、これまで強力なリーダーシップが印象的なサルコジ大統領だが、ここまでくると公私混同極まりなく、私的な感情に埋もれているようにしか思えないのだが、いかがなものだろうか。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスで年金受給年齢引き上げ

    日本でも年金受給年齢が65才に上がったが、ヨーロッパでも受給年齢を上げる案が出てきている。フランスは…
  2. espace sans tabac

    子ども遊び場の全面禁煙

    フランス国内の子どもの遊び場を全面禁煙にする行政命令が出ました。 違反した場合は68ユーロの罰金が…
  3. フランス製の高級品、輸入品と勝負

    衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
  4. ヴァカンスの学習帳(夏休みの練習帳)

    毎年夏になると400万部も売れるベストセラーの本があります。それはcahier de vacance…
  5. フランスの財政問題

    壊滅が予想される自民党と追い風だけどちょっと不安な民主党の選挙戦を巡り、財源問題がよく槍玉に挙がって…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial