サルコジ大統領、マスコミに怒る

最近フランスを騒がせているのはミッテラン文化相の小児性愛の疑いであったり、サルコジ大統領の息子ジャン・サルコジ氏の公的機関への要職就任問題だ。

サルコジ大統領にとっては、顔のまわりを蚊がとんでいるようにうるさいようで、ついにこれらの話題に食いつくマスコミを批判するコメントを行っている。

「コメンテーターはコメントをするのが仕事だが、私たちの仕事は行動することだ。行動する側が批判されやすいのは仕方がない。コメンテーターと仕事が違うのだ」と述べている。

ジャン・サルコジ氏のEPADのトップ就任については、サルコジ大統領の「絶対王朝」制とまで揶揄されており、これまで強力なリーダーシップが印象的なサルコジ大統領だが、ここまでくると公私混同極まりなく、私的な感情に埋もれているようにしか思えないのだが、いかがなものだろうか。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2010-1-5

    シニアの雇用促進

    日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  2. 2009-8-13

    フランスの地方分権

    今度の衆議院議員選挙は東国原知事の問題で地方分権選挙のような感じになるところだった。今でも橋下知事が…
  3. 2011-8-12

    アメリカの次はフランスか?

    アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
  4. 2009-9-11

    日本とフランスの自殺者数

    日本の自殺者数は警視庁の資料によるとここ十年、毎年3万人を超えており増加傾向にある。国際比較では、自…
  5. 2009-8-26

    フランスの税制

    衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
  6. 2009-5-24

    日曜日も働きたい?!

    まぐまぐ!プレミアム:フランスジャーナルより フランスはカトリックの国のため、日曜日は休息日と…
  7. 2006-2-18

    結婚なんて過去のもの

    324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
ページ上部へ戻る