サルコジ大統領、心配ないアピール

体調不良により入院、翌日には即退院というお騒がせ振りを発揮したフランスのサルコジ大統領。夏休みに入る前の最後の閣議を終えた後に、大統領府前で簡単な挨拶を行った。

体調に関する悪い噂が飛び交う中、それを吹き飛ばすのが狙いのようだ。「今は休息が必要だが、大きな異常は今のところない。検査に異常があったら公開すべきだと考えている」と話した。

大統領のホームページでも今回の入退院で「大きな問題はない」と報告している。

大統領府の玄関前でのこういった挨拶は異例のケース。マスコミの露出時間が歴代の大統領と比べて長いとか、150年ぶりに上下両院の前で演説を行ったりとか、とかく前へ前へ出ていく大統領らしく、ここでも目立ちたがり屋流の挨拶となった。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 移民のDNA鑑定に足踏み状態

    フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  2. フランス人、トップクラスの生産性

    バカンスと言えばフランス人。フランス人はよく遊び、ほどほどに働くといったイメージを持つ人は多い。その…
  3. シニアの雇用促進

    日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  4. 国民投票でフランス人の真の声を届けよ!

    市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  5. ヴァカンスの学習帳(夏休みの練習帳)

    毎年夏になると400万部も売れるベストセラーの本があります。それはcahier de vacance…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial