サルコジ大統領、心配ないアピール

体調不良により入院、翌日には即退院というお騒がせ振りを発揮したフランスのサルコジ大統領。夏休みに入る前の最後の閣議を終えた後に、大統領府前で簡単な挨拶を行った。

体調に関する悪い噂が飛び交う中、それを吹き飛ばすのが狙いのようだ。「今は休息が必要だが、大きな異常は今のところない。検査に異常があったら公開すべきだと考えている」と話した。

大統領のホームページでも今回の入退院で「大きな問題はない」と報告している。

大統領府の玄関前でのこういった挨拶は異例のケース。マスコミの露出時間が歴代の大統領と比べて長いとか、150年ぶりに上下両院の前で演説を行ったりとか、とかく前へ前へ出ていく大統領らしく、ここでも目立ちたがり屋流の挨拶となった。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
  2. espace sans tabac
    フランス国内の子どもの遊び場を全面禁煙にする行政命令が出ました。 違反した場合は68ユーロの罰金が…
  3. 日本でも赤ちゃんポストの設置が議論をよんだことがあるが、これは出産後母親が育児放棄をしてしまう事で不…
  4. 幼児にテレビを見せてもいいのか、悪いのか。年少者を育てる親なら誰もが悩むテーマだが、どんな育児書でも…
  5. 先日、ベルギーでヨーロッパ初のブルカ禁止の法案が下院を全会一致で通過したが、フランスでも同様の法案が…
  6. 日本の自殺者数は警視庁の資料によるとここ十年、毎年3万人を超えており増加傾向にある。国際比較では、自…
  7. 20年前なら、フランス人のみならずフランス語圏の人間にドイツやドイツ語について聞けば、アレルギーかと…
ページ上部へ戻る