サルコジ大統領、病院へ搬送

フランスのサルコジ大統領が、休暇中ベルサイユにある公園でジョギング中に気分が悪くなり、ヘリコプターでパリ市内の病院に搬送された。

サルコジ大統領はサイクリングやジョギングなどが好きなことで知られていた。

大統領府は詳しい容態を発表していないが、迷走神経の不調と伝えられている。関係者によると医師などと普通の会話をすることはでき状態は安定しているようだが、検査のため一日入院する予定。

病院は現在厳重な警戒態勢と各国のマスコミ陣に囲まれている。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. しかしパリジャン紙によれば、最近フランスの民間研究所「平和と紛争に関する資料研究センター(CDRPC…
  2. 2010/10/25

    産休延長へ
    フランスの年金改革のデモの話が大きくて隠れているが、ヨーロッパ議会は産休を延長する法案を採択した。E…
  3. 最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  4. フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  5. 7月から8月にかけてフランスはバカンスに入ってしまうため、フランスとのやりとりはほぼ完全にストップし…
  6. 日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされ…
  7. 女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
ページ上部へ戻る