サルコジ大統領、病院へ搬送

フランスのサルコジ大統領が、休暇中ベルサイユにある公園でジョギング中に気分が悪くなり、ヘリコプターでパリ市内の病院に搬送された。

サルコジ大統領はサイクリングやジョギングなどが好きなことで知られていた。

大統領府は詳しい容態を発表していないが、迷走神経の不調と伝えられている。関係者によると医師などと普通の会話をすることはでき状態は安定しているようだが、検査のため一日入院する予定。

病院は現在厳重な警戒態勢と各国のマスコミ陣に囲まれている。

関連記事

ニュースレター

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2010/10/25

    産休延長へ
ページ上部へ戻る