サルコジ大統領、病院へ搬送

フランスのサルコジ大統領が、休暇中ベルサイユにある公園でジョギング中に気分が悪くなり、ヘリコプターでパリ市内の病院に搬送された。

サルコジ大統領はサイクリングやジョギングなどが好きなことで知られていた。

大統領府は詳しい容態を発表していないが、迷走神経の不調と伝えられている。関係者によると医師などと普通の会話をすることはでき状態は安定しているようだが、検査のため一日入院する予定。

病院は現在厳重な警戒態勢と各国のマスコミ陣に囲まれている。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 日本でも赤ちゃんポストの設置が議論をよんだことがあるが、これは出産後母親が育児放棄をしてしまう事で不…
  2. 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため使い捨てのプラスチック製品が脚光を浴びています。プラスチック…
  3. 現在日本からフランスへは、400以上の企業、約30900人が住んでいます。特にフランスなど海外に派遣…
  4. しかしパリジャン紙によれば、最近フランスの民間研究所「平和と紛争に関する資料研究センター(CDRPC…
  5. まぐまぐ!プレミアム:フランスジャーナルよりフランスはカトリックの国のため、日曜日は休息日と…
  6. パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  7. フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
ページ上部へ戻る