ソマリア首都でフランス人拉致

ジャーナリストに扮したフランス軍人の2名がソマリアの首都モガディシオで拉致される事件が起きている。2人は暫定政府支配の地域にある外国人が使用するホテルから拉致された模様。

犯人の身元ははっきりしていないが、すでに犯人側との交渉が始まっているとソマリア当局は伝えている。

拉致された2人の任務はソマリア大統領警護隊兵士500人の訓練準備で、軍人の拉致はソマリアの情勢不安を顕著にあらわしている。暫定政府と武装勢力の内戦はひどくなる一方で和解の兆しはみられない。

一年前にも同じホテルでジャーナリストのカップルが誘拐されており、いまだ解放されていない他、欧米諸国の記者が拉致され、解放されていないケースもある。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 移民のDNA鑑定に足踏み状態

    フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  2. フランス映画祭2019記者会見

    フランス映画祭2019横浜団長・フェスティバルミューズ決定

    今年もフランス映画祭の季節がやってきました。 本年のフェスティバルミューズは女優の中谷美紀さ…
  3. フランスの財政問題

    壊滅が予想される自民党と追い風だけどちょっと不安な民主党の選挙戦を巡り、財源問題がよく槍玉に挙がって…
  4. 次世代原子炉はコンコルド(超音速旅客機)となってしまうのか?

    次世代原子炉が元凶 フランス原子力最大手のアレバが経営難に陥っています。 全世界の従業員の1…
  5. フランスでもブルカ禁止法案

    先日、ベルギーでヨーロッパ初のブルカ禁止の法案が下院を全会一致で通過したが、フランスでも同様の法案が…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial