ソマリア首都でフランス人拉致

ジャーナリストに扮したフランス軍人の2名がソマリアの首都モガディシオで拉致される事件が起きている。2人は暫定政府支配の地域にある外国人が使用するホテルから拉致された模様。

犯人の身元ははっきりしていないが、すでに犯人側との交渉が始まっているとソマリア当局は伝えている。

拉致された2人の任務はソマリア大統領警護隊兵士500人の訓練準備で、軍人の拉致はソマリアの情勢不安を顕著にあらわしている。暫定政府と武装勢力の内戦はひどくなる一方で和解の兆しはみられない。

一年前にも同じホテルでジャーナリストのカップルが誘拐されており、いまだ解放されていない他、欧米諸国の記者が拉致され、解放されていないケースもある。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2018-5-19

    アペリティフ in 東京、代官山で開催

    今年は日仏交流160周年を迎え、フランス関係イベントもいろいろ開催されています。その中でも15年前か…
  2. 2010-3-30

    中国工場を閉鎖しフランスへ

    ここのところ中国にあった製造工場を閉鎖し、フランスへ戻ってくる企業が出てきている。 中国では人…
  3. 2009-11-19

    幼児のテレビ鑑賞は禁止すべき?

    幼児にテレビを見せてもいいのか、悪いのか。年少者を育てる親なら誰もが悩むテーマだが、どんな育児書でも…
  4. 2010-1-5

    シニアの雇用促進

    日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  5. 2011-1-31

    フランスの匿名出産制度

    日本でも赤ちゃんポストの設置が議論をよんだことがあるが、これは出産後母親が育児放棄をしてしまう事で不…
  6. 2009-12-2

    携帯めぐる教師と生徒の騒動

    パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  7. 2010-3-12

    フランスの工業に対して対策

    フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
ページ上部へ戻る