ソマリア首都でフランス人拉致

ジャーナリストに扮したフランス軍人の2名がソマリアの首都モガディシオで拉致される事件が起きている。2人は暫定政府支配の地域にある外国人が使用するホテルから拉致された模様。

犯人の身元ははっきりしていないが、すでに犯人側との交渉が始まっているとソマリア当局は伝えている。

拉致された2人の任務はソマリア大統領警護隊兵士500人の訓練準備で、軍人の拉致はソマリアの情勢不安を顕著にあらわしている。暫定政府と武装勢力の内戦はひどくなる一方で和解の兆しはみられない。

一年前にも同じホテルでジャーナリストのカップルが誘拐されており、いまだ解放されていない他、欧米諸国の記者が拉致され、解放されていないケースもある。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 20年前なら、フランス人のみならずフランス語圏の人間にドイツやドイツ語について聞けば、アレルギーかと…
  2. 今度の衆議院議員選挙は東国原知事の問題で地方分権選挙のような感じになるところだった。今でも橋下知事が…
  3. 今年あたり、友人がフランス人男性と結婚することになりそうです。彼女がフランス留学時代に知り合い、以来…
  4. 欧州中央銀行は理事会を開き、5500億円規模の増資を行うと発表した。この金額は、今の2倍の規模にあた…
  5. 毎年夏になると400万部も売れるベストセラーの本があります。それはcahier de vacance…
  6. 次世代原子炉が元凶フランス原子力最大手のアレバが経営難に陥っています。 全世界の従業員の1…
  7. 日本でも赤ちゃんポストの設置が議論をよんだことがあるが、これは出産後母親が育児放棄をしてしまう事で不…
ページ上部へ戻る