ソマリア首都でフランス人拉致

ジャーナリストに扮したフランス軍人の2名がソマリアの首都モガディシオで拉致される事件が起きている。2人は暫定政府支配の地域にある外国人が使用するホテルから拉致された模様。

犯人の身元ははっきりしていないが、すでに犯人側との交渉が始まっているとソマリア当局は伝えている。

拉致された2人の任務はソマリア大統領警護隊兵士500人の訓練準備で、軍人の拉致はソマリアの情勢不安を顕著にあらわしている。暫定政府と武装勢力の内戦はひどくなる一方で和解の兆しはみられない。

一年前にも同じホテルでジャーナリストのカップルが誘拐されており、いまだ解放されていない他、欧米諸国の記者が拉致され、解放されていないケースもある。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  2. フランス映画祭2019「アマンダと僕」で来日中のミカエル・アース監督にインタビューを行いました。 …
  3. フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  4. espace sans tabac
    フランス国内の子どもの遊び場を全面禁煙にする行政命令が出ました。 違反した場合は68ユーロの罰金が…
  5. 世界各国の平均寿命は2008年の国連の調査によると、1位が日本82.7歳、次に香港、スイス、アイスラ…
  6. OECD加盟国によるPISA(学習到達度調査)の2009年度の結果が発表された。PISAは3年ごとに…
  7. 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため使い捨てのプラスチック製品が脚光を浴びています。プラスチック…
ページ上部へ戻る