ソマリア首都でフランス人拉致

ジャーナリストに扮したフランス軍人の2名がソマリアの首都モガディシオで拉致される事件が起きている。2人は暫定政府支配の地域にある外国人が使用するホテルから拉致された模様。

犯人の身元ははっきりしていないが、すでに犯人側との交渉が始まっているとソマリア当局は伝えている。

拉致された2人の任務はソマリア大統領警護隊兵士500人の訓練準備で、軍人の拉致はソマリアの情勢不安を顕著にあらわしている。暫定政府と武装勢力の内戦はひどくなる一方で和解の兆しはみられない。

一年前にも同じホテルでジャーナリストのカップルが誘拐されており、いまだ解放されていない他、欧米諸国の記者が拉致され、解放されていないケースもある。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 日本でも赤ちゃんポストの設置が議論をよんだことがあるが、これは出産後母親が育児放棄をしてしまう事で不…
  2. フランスでは先日サルコジ大統領によって、パリを改造する都市計画「グランパリ」が発表された。 空港と…
  3. 女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
  4. 幼児にテレビを見せてもいいのか、悪いのか。年少者を育てる親なら誰もが悩むテーマだが、どんな育児書でも…
  5. 日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされ…
  6. 衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
  7. フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
ページ上部へ戻る