ダライ・ラマ、パリの名誉市民に

チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世がパリの名誉市民の称号を授与した。

昨年の北京五輪の聖火リレーの際には親チベット派の妨害行動がパリで行われたり、サルコジ大統領もオリンピック開会式に出席しないようにEU各国首脳陣に求めていくとテレビで発言したり、ここ一年チベット問題は常に仏中関係の火種となってきた(結局のところ開会式には出席したのだが)。

パリ市の称号授与にはサルコジ大統領は関与しておらず、ダライ・ラマとの会談は予定されていないものの、中国国民の反感は避けられそうにもない。中国国内でのフランス製品ボイコットなど、今回も何かしらの反対の意思表示が行われるのではないかと警戒されている。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 毎年夏になると400万部も売れるベストセラーの本があります。それはcahier de vacance…
  2. 日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされ…
  3. フランス映画祭2019「アマンダと僕」で来日中のミカエル・アース監督にインタビューを行いました。 …
  4. 最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  5. フランスでは先日サルコジ大統領によって、パリを改造する都市計画「グランパリ」が発表された。 空港と…
  6. フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  7. 日本でも年金受給年齢が65才に上がったが、ヨーロッパでも受給年齢を上げる案が出てきている。フランスは…
ページ上部へ戻る