バカロレア合格率最高へ

2009年のバカロレア(baccalaureat)の結果データが出てきた。今年の合格率は86%で過去最高に達した。高水準だった過去2年間の83.7%を上回る結果だ。

バカロレアはフランスの大学入学資格を得るための試験のことで、日本のセンター試験に近い意味合いだが、フランスではバカロレアを取得すると原則どの大学にも入学することができる。

今回の高い合格率は受験者のレベルがあがったと喜ぶよりも、バカロレアの価値が下がったとして問題視する声の方が多く出ているようだ。バカロレアそのもののレベルアップも今後検討されていくことになる。

毎年、哲学の問題は非常に難しいことで有名。4時間かけて一つの命題を論述するというもので、フランス人が小難しい映画を撮れるのは、こういう思考の訓練が行われているからかもしれない。

ちなみに、今年の哲学の命題はこちら(一部)。挑戦してみますか?

-言語は思考を裏切るか?
Le langage trahit-il la penseee ?

-不可能を望むことは非合理か?
Est-il absurde de desirer l’impossible ?

-交換によって何が獲得されるのか?
Que gagne-t-on a echanger ?

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  2. espace sans tabac
    フランス国内の子どもの遊び場を全面禁煙にする行政命令が出ました。 違反した場合は68ユーロの罰金が…
  3. 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため使い捨てのプラスチック製品が脚光を浴びています。プラスチック…
  4. 今年あたり、友人がフランス人男性と結婚することになりそうです。彼女がフランス留学時代に知り合い、以来…
  5. 数年前にフランスのニュース専門局LCIのキャスターMelissa Theuriau(メリッサ・テュリ…
  6. 日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  7. 女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
ページ上部へ戻る