バカロレア合格率最高へ

2009年のバカロレア(baccalaureat)の結果データが出てきた。今年の合格率は86%で過去最高に達した。高水準だった過去2年間の83.7%を上回る結果だ。

バカロレアはフランスの大学入学資格を得るための試験のことで、日本のセンター試験に近い意味合いだが、フランスではバカロレアを取得すると原則どの大学にも入学することができる。

今回の高い合格率は受験者のレベルがあがったと喜ぶよりも、バカロレアの価値が下がったとして問題視する声の方が多く出ているようだ。バカロレアそのもののレベルアップも今後検討されていくことになる。

毎年、哲学の問題は非常に難しいことで有名。4時間かけて一つの命題を論述するというもので、フランス人が小難しい映画を撮れるのは、こういう思考の訓練が行われているからかもしれない。

ちなみに、今年の哲学の命題はこちら(一部)。挑戦してみますか?

-言語は思考を裏切るか?
Le langage trahit-il la penseee ?

-不可能を望むことは非合理か?
Est-il absurde de desirer l’impossible ?

-交換によって何が獲得されるのか?
Que gagne-t-on a echanger ?

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスの匿名出産制度

    日本でも赤ちゃんポストの設置が議論をよんだことがあるが、これは出産後母親が育児放棄をしてしまう事で不…
  2. フランスの税制

    衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
  3. 国民健康保険、赤字対策で自己負担率アップ

    今月から半年間EU議長国となり、お祝いにエッフェル塔のスペシャルライトアップがお祝いムードですが、妥…
  4. アメリカの次はフランスか?

    アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
  5. フランスの犬事情

    フランスに行くと犬が多いのに驚くだろう。たまに結構でかい犬が地下鉄に乗っていたりする。あのくらいだと…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial