パリのタクシーがわかりやすく

パリのタクシーをつかまえる際に苦労したことはないだろうか?屋根に付けられたランプは小さく、白が空車、オレンジが乗車という意味だが、遠くからではわかりづらい。不慣れな外国人にとってはなおさらで、タクシーが近づいて初めて空車ということがわかったりする。

このわかりづらいパリのタクシーに新ルールが設けられた。緑は空車、赤は乗車中という世界的なスタンダードになる。小さなランプが点滅するのではなく、屋根上のTAXIという表示部分の色が変わるだけというシンプルさだ。

さらに手書きのレシートもなくなり、自動印刷化される。運転手にとっては便利だし乗客にとっても早いと喜ばしいが、機器の導入は運転手負担なので手放しで喜べない状況のようだ。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2011-9-8

    増税を望む大富豪

    フランスの税金が安いという印象はないが、フランス国債が格下げの危機にあり、フランス大富豪連合は、高額…
  2. 2010-12-21

    広がるアンチユーロ派の主張

    欧州中央銀行は理事会を開き、5500億円規模の増資を行うと発表した。この金額は、今の2倍の規模にあた…
  3. 2010-3-2

    フランス核実験で人体実験も、、、

    しかしパリジャン紙によれば、最近フランスの民間研究所「平和と紛争に関する資料研究センター(CDRPC…
  4. 2015-7-17

    ヴァカンスの学習帳(夏休みの練習帳)

    毎年夏になると400万部も売れるベストセラーの本があります。それはcahier de vacance…
  5. 2010-3-10

    産休で不足する教師たち

    女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
  6. 2009-12-18

    中小企業に比べ税金を払わない大手企業

    フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。 その…
  7. 2015-5-8

    次世代原子炉はコンコルド(超音速旅客機)となってしまうのか?

    次世代原子炉が元凶 フランス原子力最大手のアレバが経営難に陥っています。 全世界の従業員の1…
ページ上部へ戻る