パリのタクシーがわかりやすく

パリのタクシーをつかまえる際に苦労したことはないだろうか?屋根に付けられたランプは小さく、白が空車、オレンジが乗車という意味だが、遠くからではわかりづらい。不慣れな外国人にとってはなおさらで、タクシーが近づいて初めて空車ということがわかったりする。

このわかりづらいパリのタクシーに新ルールが設けられた。緑は空車、赤は乗車中という世界的なスタンダードになる。小さなランプが点滅するのではなく、屋根上のTAXIという表示部分の色が変わるだけというシンプルさだ。

さらに手書きのレシートもなくなり、自動印刷化される。運転手にとっては便利だし乗客にとっても早いと喜ばしいが、機器の導入は運転手負担なので手放しで喜べない状況のようだ。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. パリではワインオークションが行われ、最高級のワインの取引が行われた。注目されたのは1788年もののコ…
  2. パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  3. 数年前にフランスのニュース専門局LCIのキャスターMelissa Theuriau(メリッサ・テュリ…
  4. フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
  5. 今月から半年間EU議長国となり、お祝いにエッフェル塔のスペシャルライトアップがお祝いムードですが、妥…
  6. フランス映画祭2019「アマンダと僕」で来日中のミカエル・アース監督にインタビューを行いました。 …
  7. 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため使い捨てのプラスチック製品が脚光を浴びています。プラスチック…
ページ上部へ戻る