フラッシュモブでパリの夕食会

11日パリのコンコルド広場で5000人での集団夕食会が行われた。毎年6月の木曜日に突如として行われるイベントで参加者は全身を真っ白な服装に包んでの夕食会となった。

この突如として見知らぬ人々が集結することを「フラッシュモブ(Flash mob)」といって、主にインターネットやEメールを通じて情報交換が行われ、特定の場所に集まる。

フランスでは、これに一緒に夕食をとるというイベントが追加されたちょっとした「おふざけ」だ。1回目の2007年は凱旋門で、2008年はシャンゼリゼ通りで開かれ、今年はその3回目となった。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 現在日本からフランスへは、400以上の企業、約30900人が住んでいます。特にフランスなど海外に派遣…
  2. フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
  3. フランスの救助隊120人が救助装備と共に日本に到着し、救助にあたりましたが、あまり満足な活動が出来ず…
  4. 日本でも赤ちゃんポストの設置が議論をよんだことがあるが、これは出産後母親が育児放棄をしてしまう事で不…
  5. 日本よりも学歴社会と言われるフランスでフランスの大学入学資格であるバカロレアの合格者が発表され、大学…
  6. バカンスと言えばフランス人。フランス人はよく遊び、ほどほどに働くといったイメージを持つ人は多い。その…
  7. 衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
ページ上部へ戻る