フランスが広島、長崎の平和式典に出席

 フランスは、アメリカおよびイギリスと緊密に協議し、今年8月6日の広島市平和記念式典(広島市原爆死没者慰霊式並び に平和祈念式)および同月9日の長崎平和祈念式典(長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典)に参加することを決定した。フランスは代理大使が出席する。我が国は 広島、長崎両市によって毎年開催される式典に初めて参加する。

 フランスは核軍縮で模範的な実績を重ねる一方、広島市ならびに長崎市に在日フランス大使が定期的に訪問するなど、両市と極めて強い関係を築いてきた。

 フランスは、広島・長崎のすべての原爆犠牲者を追悼すると同時に、核軍縮の目標をはじめ、核不拡散条約(NPT)で掲げられた全目標が達成できるように、より安全な国際情勢に到達する意思を改めて明確にすべく、これらの式典に出席する。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  2. OECD加盟国によるPISA(学習到達度調査)の2009年度の結果が発表された。PISAは3年ごとに…
  3. 世界各国の平均寿命は2008年の国連の調査によると、1位が日本82.7歳、次に香港、スイス、アイスラ…
  4. まぐまぐ!プレミアム:フランスジャーナルよりフランスはカトリックの国のため、日曜日は休息日と…
  5. フランスの税金が安いという印象はないが、フランス国債が格下げの危機にあり、フランス大富豪連合は、高額…
  6. フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  7. 7月から8月にかけてフランスはバカンスに入ってしまうため、フランスとのやりとりはほぼ完全にストップし…
ページ上部へ戻る