フランスでは感染拡大が止まりません。

マクロン大統領は、感染再拡大を防ぐために、4週間の全面的な外出制限を真剣に検討しています。
春の外出制限は55日間に渡りましたが、今回は4週間程度になる見込みで、企業は活動を続けるのか?公共交通機関は運行を続けるのかなど課題があります。

第二派に向けて対策もすすんでいます。春の時はスーパーから食材が無くなりましたが、既にスーパーも備蓄を始めていて、店頭から商品がなくなることは無さそうです。春の外出制限の一番厳しいときでも食品が供給できなくなったことは無いので、第二派でも大きな問題にはならないだろうと予想されています。

フランス政府は学校の授業は継続したい意向を示しています。
しかし、低学年の児童もマスクを着用することを義務づける方針です。現在の感染予防対策としてはマスク着用は11歳からですが、6歳からマスク着用を義務づける方向になっています。こどもの感染リスクは低いのですが、対策を何もしない訳にはいかないのです。

高校生になると感染予防対策はほとんど守られていないそうです。
ソーシャルディスタンスは保たれていなく、平気でハグをしてしまいます。
学校ではクラスを2つに分けて授業を行うか休校にするなども検討されています。

12月はクリスマスがあり、最も商業が盛んになる時期です。そのため、外出制限に対して商業活動をどうするのか?仕事を休むことになるのか?など議論になっています。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2010/10/25

    産休延長へ
    フランスの年金改革のデモの話が大きくて隠れているが、ヨーロッパ議会は産休を延長する法案を採択した。E…
  2. OECD加盟国によるPISA(学習到達度調査)の2009年度の結果が発表された。PISAは3年ごとに…
  3. 最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  4. 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため使い捨てのプラスチック製品が脚光を浴びています。プラスチック…
  5. パリではワインオークションが行われ、最高級のワインの取引が行われた。注目されたのは1788年もののコ…
  6. パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  7. ヨーロッパでは新型コロナウイルス感染対策における移動制限など封鎖解除に向けて動き始めました。これは…
ページ上部へ戻る