フランスの匿名出産制度

日本でも赤ちゃんポストの設置が議論をよんだことがあるが、これは出産後母親が育児放棄をしてしまう事で不幸なことを防ぐためです。これと同様にフランスでは、生まれた子どもを養子に出すことを条件に匿名で出産できる制度があります。このような制度はフランス以外ではヨーロッパではルクセンブルグとイタリアだけです。

親は生まれてくる子どもとの関わりを持ちたくないのかもしれませんが、子どもの方は親を知りたいと思うこともあります。フランスでは年間600人の子どもがこの制度で生まれてくるそうですが、本当の親を知りたいというデモが行われています。

もちろん子どもには知る権利があります。フランスではこの制度を修正する法案が提出され、知りたい子どもには母親の名前が明かされることになります。母親の権利も守るため、実際合うかどうかは母親が決めることが出来ます。

母親の匿名性の権利よりも子どもの知る権利の方が優先すると考えられましたが、母親の匿名性を守ることも重要とする人もいます。匿名性が保証されないと、産院以外で出産して危険な場合があったり、生まれた子供を放置してしまったり、殺してしまうかもしれない危険があると警告してしています。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 広がるアンチユーロ派の主張

    欧州中央銀行は理事会を開き、5500億円規模の増資を行うと発表した。この金額は、今の2倍の規模にあた…
  2. アペリティフ in 東京、代官山で開催

    今年は日仏交流160周年を迎え、フランス関係イベントもいろいろ開催されています。その中でも15年前か…
  3. フランスの工業に対して対策

    フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
  4. 子だくさんフランス

    今年あたり、友人がフランス人男性と結婚することになりそうです。彼女がフランス留学時代に知り合い、以来…
  5. フランス映画祭2019記者会見

    フランス映画祭2019横浜団長・フェスティバルミューズ決定

    今年もフランス映画祭の季節がやってきました。 本年のフェスティバルミューズは女優の中谷美紀さ…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial