フランスの匿名出産制度

日本でも赤ちゃんポストの設置が議論をよんだことがあるが、これは出産後母親が育児放棄をしてしまう事で不幸なことを防ぐためです。これと同様にフランスでは、生まれた子どもを養子に出すことを条件に匿名で出産できる制度があります。このような制度はフランス以外ではヨーロッパではルクセンブルグとイタリアだけです。

親は生まれてくる子どもとの関わりを持ちたくないのかもしれませんが、子どもの方は親を知りたいと思うこともあります。フランスでは年間600人の子どもがこの制度で生まれてくるそうですが、本当の親を知りたいというデモが行われています。

もちろん子どもには知る権利があります。フランスではこの制度を修正する法案が提出され、知りたい子どもには母親の名前が明かされることになります。母親の権利も守るため、実際合うかどうかは母親が決めることが出来ます。

母親の匿名性の権利よりも子どもの知る権利の方が優先すると考えられましたが、母親の匿名性を守ることも重要とする人もいます。匿名性が保証されないと、産院以外で出産して危険な場合があったり、生まれた子供を放置してしまったり、殺してしまうかもしれない危険があると警告してしています。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 長寿大国は日本?フランス?

    世界各国の平均寿命は2008年の国連の調査によると、1位が日本82.7歳、次に香港、スイス、アイスラ…
  2. 産休延長へ

    フランスの年金改革のデモの話が大きくて隠れているが、ヨーロッパ議会は産休を延長する法案を採択した。E…
  3. フランス映画祭2019記者会見

    フランス映画祭2019横浜団長・フェスティバルミューズ決定

    今年もフランス映画祭の季節がやってきました。 本年のフェスティバルミューズは女優の中谷美紀さ…
  4. 国民健康保険、赤字対策で自己負担率アップ

    今月から半年間EU議長国となり、お祝いにエッフェル塔のスペシャルライトアップがお祝いムードですが、妥…
  5. フランス核実験で人体実験も、、、

    しかしパリジャン紙によれば、最近フランスの民間研究所「平和と紛争に関する資料研究センター(CDRPC…
ページ上部へ戻る