フランス人になるために

「フランス人とは何か」そんなアイデンティティへの問いが、フランス国内で議論を呼んでいる。

フランスは移民国家だ。多くの移民を受け入れる一方、同時に多様性を受け入れることが難しくなってきている。

フィヨン内閣が新しく提案している法案では、新しくフランス国籍を取得する者は、国民としての権利と義務の憲章に同意しサインする必要がある、というもの。

また、小学生から高校生までは全員、少年市民手帳を持ち、学校では三色国旗を掲げ、人権宣言を教室に常備するという内容も加わっており、フランス人であることをナチュラルではなく、必要以上に強調しようとするような内容だ。

多くの移民を受け入れてきても、フランス人が同調するのではなく、移民にフランス人になることを強要する。非寛容的にも思えるがどうだろうか。

与党内でも批判が出ているこの提案、国内で議論を呼んでいる。「フランス人とは何か」じっくり考えれば答えが出るのか。議論の行方は、移民問題を抱えた先進国が注意深く見守っている。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 仏独の目指す欧州経済政府

    20年前なら、フランス人のみならずフランス語圏の人間にドイツやドイツ語について聞けば、アレルギーかと…
  2. 日・仏社会保障協定発効

    現在日本からフランスへは、400以上の企業、約30900人が住んでいます。特にフランスなど海外に派遣…
  3. セバスチャン・マルニエ監督

    セバスチャン・マルニエ監督インタビュー スクールズ・アウト

    https://youtu.be/-DVY9NpXM8w セバスチャン・マルニエ監督 インタビュ…
  4. 産休延長へ

    フランスの年金改革のデモの話が大きくて隠れているが、ヨーロッパ議会は産休を延長する法案を採択した。E…
  5. フランスも女子アナ時代

    数年前にフランスのニュース専門局LCIのキャスターMelissa Theuriau(メリッサ・テュリ…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial