フランス人になるために

「フランス人とは何か」そんなアイデンティティへの問いが、フランス国内で議論を呼んでいる。

フランスは移民国家だ。多くの移民を受け入れる一方、同時に多様性を受け入れることが難しくなってきている。

フィヨン内閣が新しく提案している法案では、新しくフランス国籍を取得する者は、国民としての権利と義務の憲章に同意しサインする必要がある、というもの。

また、小学生から高校生までは全員、少年市民手帳を持ち、学校では三色国旗を掲げ、人権宣言を教室に常備するという内容も加わっており、フランス人であることをナチュラルではなく、必要以上に強調しようとするような内容だ。

多くの移民を受け入れてきても、フランス人が同調するのではなく、移民にフランス人になることを強要する。非寛容的にも思えるがどうだろうか。

与党内でも批判が出ているこの提案、国内で議論を呼んでいる。「フランス人とは何か」じっくり考えれば答えが出るのか。議論の行方は、移民問題を抱えた先進国が注意深く見守っている。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. まぐまぐ!プレミアム:フランスジャーナルよりフランスはカトリックの国のため、日曜日は休息日と…
  2. 先日、ベルギーでヨーロッパ初のブルカ禁止の法案が下院を全会一致で通過したが、フランスでも同様の法案が…
  3. 壊滅が予想される自民党と追い風だけどちょっと不安な民主党の選挙戦を巡り、財源問題がよく槍玉に挙がって…
  4. 日本よりも学歴社会と言われるフランスでフランスの大学入学資格であるバカロレアの合格者が発表され、大学…
  5. 市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  6. 20年前なら、フランス人のみならずフランス語圏の人間にドイツやドイツ語について聞けば、アレルギーかと…
  7. ヨーロッパでは新型コロナウイルス感染対策における移動制限など封鎖解除に向けて動き始めました。これは…
ページ上部へ戻る