フランス人修道士誘拐事件に新たな証言

13年前に起きた「フランス人修道士誘拐殺人事件」にフランス軍の元将軍フランソワ・ブッチャラー(Francois Buchwalter)氏による新たな証言が出て、再び注目を集めている。

1996年5月アルジェリアで武装集団によって、フランス人修道士7人が拉致、誘拐され、その後イスラム武装過激派集団GIAより声明文が出された。そして2ヶ月後、7人の切断された頭部が発見されるという痛ましい事件だ。

フランソワ・ブッチャラー元将軍は、事件に関係のあるヘリコプターの操縦士に近い者から真相を聞いたという。

その証言によると「アルジェリア軍があやしい野営地を発見し、武装集団とみなして発砲した後、着陸。確認するとフランス人修道士が全身に銃弾を浴びていた」という。

当初は遺体の損傷が激しく遺族にも遺体を見せられないとし、アルジェリア当局は遺体を隠してきたがこれも事件を隠蔽しようとしたのではないかとの可能性が出ている。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. アペリティフ in 東京、代官山で開催

    今年は日仏交流160周年を迎え、フランス関係イベントもいろいろ開催されています。その中でも15年前か…
  2. 幼児のテレビ鑑賞は禁止すべき?

    幼児にテレビを見せてもいいのか、悪いのか。年少者を育てる親なら誰もが悩むテーマだが、どんな育児書でも…
  3. 結婚なんて過去のもの

    324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
  4. フランスの税制

    衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
  5. フランスは世界の学力で中位

    OECD加盟国によるPISA(学習到達度調査)の2009年度の結果が発表された。PISAは3年ごとに…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial