フランス内相が人種差別発言?

フランスの内相ブリス・オートフ(Brice Hortefeux)氏の発言が差別的として問題となっている。差別的とされる発言は、UMPの夏期大学に参加したときのこと。北アフリカ出身の若者との会話で、若者が豚肉を食べ、アルコールを飲むと紹介されたことに対し、「彼はプロトタイプではありませんね。プロトタイプでない人は一人ならいいですが、たくさんいると問題が起きますね」と発言。

左派はこの発言が人種差別的と非難をはじめているが、会話をした若者自身は「特に問題なかった」と言っており、本人が差別されたという意識は全くない様子。

この会話の様子はインターネットにもアップされ、アクセスが殺到したようだが、この映像を見る限りでも楽しい会話のワンシーンという感じで、人種差別の発言とはとらえにくい。

ただ、本人が意図する意図しないは関わらず、政治家がふっと口にしたことが大問題となって辞任に追い込まれたり、信頼をなくすケースは日本でもイヤと言うほど見てきているだけに、ブリス内相もどこまで「誤解です」と逃げ切れるのか定かではない。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. バカンスと言えばフランス人。フランス人はよく遊び、ほどほどに働くといったイメージを持つ人は多い。その…
  2. 欧州中央銀行は理事会を開き、5500億円規模の増資を行うと発表した。この金額は、今の2倍の規模にあた…
  3. 衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
  4. 最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  5. 壊滅が予想される自民党と追い風だけどちょっと不安な民主党の選挙戦を巡り、財源問題がよく槍玉に挙がって…
  6. しかしパリジャン紙によれば、最近フランスの民間研究所「平和と紛争に関する資料研究センター(CDRPC…
  7. espace sans tabac
    フランス国内の子どもの遊び場を全面禁煙にする行政命令が出ました。 違反した場合は68ユーロの罰金が…
ページ上部へ戻る