ベタンクール事件、その後

サルコジ大統領の不正献金疑惑、現在はペタンクールさんの周辺が脱税資金洗浄疑惑として拘置され取り調べを受けている。

焦点は、セーシェル諸島の小さな島アロス島で、ペタンクール家が1997年に購入したが、この意味が疑問となっている。実際にこの島を取得しているのは夫人の長年の友人で写真家のフランスワ=マリー・バニエ氏で、贈ったということになっている。

夫人と財産管理人パトリス・ドメストル氏との盗聴された会話によると、ドメストル氏はフランスでは申告すると、事態が複雑になると話している。これが、脱税とマネーロンダリングの容疑となっている。

逆の見方では、バニエ氏とドメストル氏で夫人の財産を奪ってしまったとも考えられている。夫人は高齢で弱っているので、あらゆる事を強制的に受け入れさせられているという。

夫人は、この騒ぎを受け、国家に迷惑をかけることは良くないとし、修正申告をするつもりだが、既に捜査は始まってしまっている。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 幼児教育への関心高まる

    日本では最近幼児教育がブームになっているようだ。少子化傾向の分、ひとりの子供に注がれるお金やパワーが…
  2. セバスチャン・マルニエ監督

    セバスチャン・マルニエ監督インタビュー スクールズ・アウト

    https://youtu.be/-DVY9NpXM8w セバスチャン・マルニエ監督 インタビュ…
  3. 便利なパリ、グランパリ計画

    フランスでは先日サルコジ大統領によって、パリを改造する都市計画「グランパリ」が発表された。 空港と…
  4. 産休で不足する教師たち

    女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
  5. フランスの匿名出産制度

    日本でも赤ちゃんポストの設置が議論をよんだことがあるが、これは出産後母親が育児放棄をしてしまう事で不…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial