マンガのようなヨーロッパへの不法入国方法

宅配便やスーツケースに人を入れて目的に旅行するなんていうお話し聞いたことありませんか?
絵本の「ぺちゃんこスタンレー」なんかは、封筒に入れて旅行先に送ったりしちゃいます。
さすがに人はぺちゃんこにはなりませんが、本当に人をスーツケースに入れて密入国をしたという事件が起こりました。

コートジボワールからやって来た少年が、モロッコ-スペイン国境の検問で発見されました。通常のX線によるスーツケースの荷物検査を行っていたところ、人の形の画像が出て来て驚愕します。この8歳の少年は、そのスーツケースから出て来た少年はひどい状態だったそうです。このスーツケースは19歳のモロッコ人女性が持っていたのですが、この女性は運び屋だったそうで逮捕されました。スーツケースは70センチほどの大きさだったようです。少年の父親は合法的にスペインで生活していましたが、不法な方法で少年を呼び寄せたために逮捕されました。

フランスはアフリカ諸国とは地続きではありません。しかし海からやって来たりと密入国は後を絶ちません。モロッコにはスペインの飛び地であるCeutaやMelillaという地域があります。これがアフリカとヨーロッパとの「天国の扉」となり、あらゆる手段で国境を乗り越えようとしてきます。検問では心音を検知する装置があり、車のボンネットなどにこれを付け、心音が発見されると、この車は解体され、車の内部が調査されます。
隠れる場所は驚きです。バンパーの中、ダッシュボード、シートの下をくり抜いたりと外からは一見分からない場所に隠れて国境を抜けます。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 結婚なんて過去のもの

    324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
  2. espace sans tabac

    子ども遊び場の全面禁煙

    フランス国内の子どもの遊び場を全面禁煙にする行政命令が出ました。 違反した場合は68ユーロの罰金が…
  3. 携帯めぐる教師と生徒の騒動

    パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  4. 幼児教育への関心高まる

    日本では最近幼児教育がブームになっているようだ。少子化傾向の分、ひとりの子供に注がれるお金やパワーが…
  5. フランスでもブルカ禁止法案

    先日、ベルギーでヨーロッパ初のブルカ禁止の法案が下院を全会一致で通過したが、フランスでも同様の法案が…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial