ユーロスター事故の原因を探る

昨年12月にユーロスターが英仏海峡トンネル内で停止するという事故が発生した。2500人もの人がトンネル内に閉じ込められ、7万人以上の人の交通に影響を及ぼしたという事故で、ユーロスターの15年の歴史上最悪とも言えるものだ。

事故の原因はしばらくの間不明のままだったが、ここにきて調査委員会による発表がなされ原因究明が進んでいる。発表によると、ユーロスターの冬の寒さ対策は11月までに行われるべきだったが、事故後の12月以降になって初めて行われた。そのためモーター部分の防寒対策が不十分となり、電気系統がショート、4台のユーロスターが停止するという事故に至ったというわけだ。

大寒波が続くヨーロッパではあるが、この事故は悪天候がもたらしたものではなく、人為的ミスが原因だったということになる。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 7月から8月にかけてフランスはバカンスに入ってしまうため、フランスとのやりとりはほぼ完全にストップし…
  2. 日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  3. フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  4. 衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
  5. 今度の衆議院議員選挙は東国原知事の問題で地方分権選挙のような感じになるところだった。今でも橋下知事が…
  6. 衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
  7. 世界各国の平均寿命は2008年の国連の調査によると、1位が日本82.7歳、次に香港、スイス、アイスラ…
ページ上部へ戻る