ユーロスター事故の原因を探る

昨年12月にユーロスターが英仏海峡トンネル内で停止するという事故が発生した。2500人もの人がトンネル内に閉じ込められ、7万人以上の人の交通に影響を及ぼしたという事故で、ユーロスターの15年の歴史上最悪とも言えるものだ。

事故の原因はしばらくの間不明のままだったが、ここにきて調査委員会による発表がなされ原因究明が進んでいる。発表によると、ユーロスターの冬の寒さ対策は11月までに行われるべきだったが、事故後の12月以降になって初めて行われた。そのためモーター部分の防寒対策が不十分となり、電気系統がショート、4台のユーロスターが停止するという事故に至ったというわけだ。

大寒波が続くヨーロッパではあるが、この事故は悪天候がもたらしたものではなく、人為的ミスが原因だったということになる。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. ここのところ中国にあった製造工場を閉鎖し、フランスへ戻ってくる企業が出てきている。中国では人…
  2. 2010/10/25

    産休延長へ
    フランスの年金改革のデモの話が大きくて隠れているが、ヨーロッパ議会は産休を延長する法案を採択した。E…
  3. 女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
  4. 324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
  5. 日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされ…
  6. 今月から半年間EU議長国となり、お祝いにエッフェル塔のスペシャルライトアップがお祝いムードですが、妥…
  7. 先日、ベルギーでヨーロッパ初のブルカ禁止の法案が下院を全会一致で通過したが、フランスでも同様の法案が…
ページ上部へ戻る