下水を調査で感染拡大防止

下水を採取しウイルスを調査し、マッピングしています。
下水道でウイルスを検知すると、その近隣の老人施設などの入居者に検査を行います。
最初の症状が現れる前に、感染源を特定できることが分かっています。

サンプル分析でウイルスが検知されたため、老人施設のスタッフと入居者全員の検査を行ったところ、陽性のスタッフ2人の特定と隔離が行えました。そのため、その施設でも感染拡大は起こりませんでした。

下水の調査は、クラスターを防ぐ貴重な手法となっています。ここ数ヶ月で全国的な観測ネットワークとなっています。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. パリではワインオークションが行われ、最高級のワインの取引が行われた。注目されたのは1788年もののコ…
  2. 日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  3. フランスでは先日サルコジ大統領によって、パリを改造する都市計画「グランパリ」が発表された。 空港と…
  4. 今月から半年間EU議長国となり、お祝いにエッフェル塔のスペシャルライトアップがお祝いムードですが、妥…
  5. フランスの救助隊120人が救助装備と共に日本に到着し、救助にあたりましたが、あまり満足な活動が出来ず…
  6. 今度の衆議院議員選挙は東国原知事の問題で地方分権選挙のような感じになるところだった。今でも橋下知事が…
  7. 324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
ページ上部へ戻る