不法労働者の雇入れ主に制裁強化

フランス政府は、不法労働者を雇入れている企業に対して制裁を強化する方針を決めた。不法労働者を働かせている場合、禁固3年、罰金4万5000ユーロを課すほか、5年間の公共事業からの排除等が行われる。さらに、企業閉鎖もありうるものだ。

これに対して、デファンス地区で働く不法労働者300人が、建設現場を一時占拠し、労働を合法化するよう訴えた。

フランスでは増加する移民に対して取締りを強化しているが、不法就労も耐えることなく頭の痛い問題だ。行政処分によって企業閉鎖もあるとされた今回の方針では、企業側も労働者にだまされたという言い訳は通用しなくなりそうだ。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 日本とフランスの自殺者数

    日本の自殺者数は警視庁の資料によるとここ十年、毎年3万人を超えており増加傾向にある。国際比較では、自…
  2. フランスの財政問題

    壊滅が予想される自民党と追い風だけどちょっと不安な民主党の選挙戦を巡り、財源問題がよく槍玉に挙がって…
  3. フランスも源泉徴収が開始される

    フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
  4. フランスでバカロレアは絶対か?

    日本よりも学歴社会と言われるフランスでフランスの大学入学資格であるバカロレアの合格者が発表され、大学…
  5. 便利なパリ、グランパリ計画

    フランスでは先日サルコジ大統領によって、パリを改造する都市計画「グランパリ」が発表された。 空港と…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial