不良グループの発砲事件

フランスのブラン・メニール(Le Blanc Mesnil)地区で、不良グループの対立による銃の発砲事件が起きた。

18歳の若者が頭を打たれ現在脳死状態、さらに2人が重症だという。フランスでは銃の使用が日常化していること、そして警察の人員不足が懸念されていたが、その懸念が明らかな事件に発展したことが伺える。

フランスでは若者の暴走がこれまでも社会問題となってきた。今回は大きな暴走につながるものではないものの、こうした日常の事件をつみ取っていくことが、大きな暴走を防ぐ予防策になるとして、若者への対応が求められそうだ。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 日本とフランスの自殺者数

    日本の自殺者数は警視庁の資料によるとここ十年、毎年3万人を超えており増加傾向にある。国際比較では、自…
  2. 移民のDNA鑑定に足踏み状態

    フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  3. 幼児教育への関心高まる

    日本では最近幼児教育がブームになっているようだ。少子化傾向の分、ひとりの子供に注がれるお金やパワーが…
  4. 長寿大国は日本?フランス?

    世界各国の平均寿命は2008年の国連の調査によると、1位が日本82.7歳、次に香港、スイス、アイスラ…
  5. バカンスはエコロジーか?

    7月から8月にかけてフランスはバカンスに入ってしまうため、フランスとのやりとりはほぼ完全にストップし…
ページ上部へ戻る