心のレストランが冬の配給開始

フランスでは25年前から、慈善団体「心のレストラン」が生活困窮者に対して冬の食料を配給しており、今年もその配給がスタートした。

多くの受給者はホームレスではなく、わずかながら収入があり、もしくは年金生活者であり、その収入では十分に暮らしていけない人たちだ。年々受給者の数は増えており、毎年10%づつ増加傾向にあるという。

今年は不況の影響か受給センターでは若い女性も多く目立つ他、支援物資の野菜や果物の量が例年より少なくなっている。

関連記事

ニュースレター

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2010/10/25

    産休延長へ
ページ上部へ戻る