文化人類学者レヴィ=ストロース氏死去

フランスを代表する文化人類学者クロード・レヴィ=ストロース氏が死去した。100歳だった。レヴィ=ストロース氏は、20世紀の思想家として最後の巨匠とも言われた人物で、構造主義の祖とされた。

ブルジョワ階級の家庭に生まれ、法学、哲学を学び、ブラジルでの教師生活を送るも、ユダヤ人であった彼は1940年にはアメリカに亡命。アメリカではシュールレアリストとの交流や、後に彼の思想に大きな影響を及ぼす言語学・民俗学者のロマン・ヤコブソンとの交流を深めた。

フランスでは追悼のため、彼の生涯を紹介するニュースが多く報じられた。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランス映画祭2019「アマンダと僕」で来日中のミカエル・アース監督にインタビューを行いました。 …
  2. 現在日本からフランスへは、400以上の企業、約30900人が住んでいます。特にフランスなど海外に派遣…
  3. しかしパリジャン紙によれば、最近フランスの民間研究所「平和と紛争に関する資料研究センター(CDRPC…
  4. 世界各国の平均寿命は2008年の国連の調査によると、1位が日本82.7歳、次に香港、スイス、アイスラ…
  5. 今度の衆議院議員選挙は東国原知事の問題で地方分権選挙のような感じになるところだった。今でも橋下知事が…
  6. フランスに行くと犬が多いのに驚くだろう。たまに結構でかい犬が地下鉄に乗っていたりする。あのくらいだと…
  7. ここのところ中国にあった製造工場を閉鎖し、フランスへ戻ってくる企業が出てきている。中国では人…
ページ上部へ戻る