文化人類学者レヴィ=ストロース氏死去

フランスを代表する文化人類学者クロード・レヴィ=ストロース氏が死去した。100歳だった。レヴィ=ストロース氏は、20世紀の思想家として最後の巨匠とも言われた人物で、構造主義の祖とされた。

ブルジョワ階級の家庭に生まれ、法学、哲学を学び、ブラジルでの教師生活を送るも、ユダヤ人であった彼は1940年にはアメリカに亡命。アメリカではシュールレアリストとの交流や、後に彼の思想に大きな影響を及ぼす言語学・民俗学者のロマン・ヤコブソンとの交流を深めた。

フランスでは追悼のため、彼の生涯を紹介するニュースが多く報じられた。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. まぐまぐ!プレミアム:フランスジャーナルよりフランスはカトリックの国のため、日曜日は休息日と…
  2. 日本でも年金受給年齢が65才に上がったが、ヨーロッパでも受給年齢を上げる案が出てきている。フランスは…
  3. 324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
  4. フランスの税金が安いという印象はないが、フランス国債が格下げの危機にあり、フランス大富豪連合は、高額…
  5. フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  6. 幼児にテレビを見せてもいいのか、悪いのか。年少者を育てる親なら誰もが悩むテーマだが、どんな育児書でも…
  7. 20年前なら、フランス人のみならずフランス語圏の人間にドイツやドイツ語について聞けば、アレルギーかと…
ページ上部へ戻る