日曜営業ついに合憲へ

先月の末に、フランスでは日曜営業の法案が小差で可決されていた。この法案は「もっと働き、もっと豊かに」というスローガンを掲げるサルコジ大統領が特に強くすすめてきたものだ。

しかし、野党は法案が日曜就労の強制につながるとして反対、違憲審査の会議に訴えに出ており、日曜営業に待ったがかかった状態が続いていた。

そして今月6日ついに、憲法評議会で商店日曜営業の規制緩和法がおおむね合憲との結果がくだされた。

法案ではパリ市の特別消費区域の指定について例外規定を設けており、この部分だけは不平等に当たるとして削除するように命じられたが、日曜営業のゴーサインには大きくかわりはないだろう。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2011-1-4

    国民投票でフランス人の真の声を届けよ!

    市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  2. 2010-6-25

    フランスで年金受給年齢引き上げ

    日本でも年金受給年齢が65才に上がったが、ヨーロッパでも受給年齢を上げる案が出てきている。フランスは…
  3. 2011-9-8

    増税を望む大富豪

    フランスの税金が安いという印象はないが、フランス国債が格下げの危機にあり、フランス大富豪連合は、高額…
  4. 2009-11-26

    科学技術振興する国家

    最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  5. 2011-1-31

    フランスの匿名出産制度

    日本でも赤ちゃんポストの設置が議論をよんだことがあるが、これは出産後母親が育児放棄をしてしまう事で不…
  6. 2018-6-2

    フランス映画祭 2018ナタリー・バイが団長に決定!

    今年で26回⽬を迎える「フランス映画祭 2018」(6/21(⽊)~6/24(日)開催)。⽇仏交流1…
  7. 2009-9-15

    移民のDNA鑑定に足踏み状態

    フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
ページ上部へ戻る